いびきをかかないで寝る方法とはこれだ!

目安時間:約 11分

 

 

 

体を休めるためにも睡眠は大切です。

 

 

ですが、

睡眠をしているときに気になるのがいびきです。

 

 

 

健康的な睡眠をするためにはいびきをかかないことが大切ですし、

家族と一緒に寝るときにいびきをかいてしまうと

相手を起こしてしまいますよね。

 

 

 

そこで、いびいをかかないで寝る方法を紹介していきます。

 

いびきに悩んでいる方はぜひ実践してみてください。

 

 

 

 

いびきをかかないで寝る方法は本当にあるの?

 

いい睡眠をするためにはいびきをかかないことが一番です。

 

 

 

いびきをかいているということは、

それだけ体の負担になっているということです。

 

 

 

深い睡眠や体の疲れを取るための睡眠は、

いびきをかいているとなかなかできません。

 

 

 

ですが、

いびきをかかないで寝る方法なんてあるのか疑問に感じますよね。

 

 

 

結論から言うと、

いびきをかかないで寝る方法はあります。

 

 

どうすればいいかというと、

とても簡単です。

 

それは横向きで寝ることです。

 

 

 

これだけでいびきをかかないなんて信じられませんよね。

 

 

これはいびきをかく原因と繋がります。

 

 

いびきをかく原因は実は一つで、

寝ている間に気道がせまくなるといびきをかいてしまいます。

 

 

 

 

寝ているときに様々な原因で気道が狭くなってしまい、

それが原因でいびきをかきます。

 

 

 

いびきを聞いてみるとわかりますが、

基本的には呼吸のときに音がなります。

 

 

 

ということは、

呼吸、つまり息が気道を通るときに問題があるというわけです。

 

 

 

その気道を確保するためには、

仰向けで寝ないことが大切です。

 

 

仰向けで寝てしまうと、

舌が気道に落ちてしまい塞いでしまいます。

 

 

 

ですが、

寝ている時の姿勢を自分で決めることは難しいですよね。

 

 

 

そこで、

横向きになりやすい枕を使うのがオススメです。

 

 

 

これを使うことで、寝ている時の姿勢を横向きにして、

いびきを抑えることができます。

 

 

効果のある枕にもいろいろありますが、

いびき対策のための枕もありますし、

枕によっては横向き専用のものもあります。

 

 

 

どちらもその枕で寝るだけで大丈夫なので

簡単に使うことができます。

 

 

 

 

私もいびきに悩まされていて、

いびき対策の枕を使っていましたが、

本当にこの枕で寝るだけで解消されました。

 

 

 

 

睡眠の質も改善されて疲れが取れやすくなったので、

いびきをかいてしまう人にはとてもお勧めなので、

ぜひ使ってみてください。

 

 

いびきをかいてしまう人の特徴

 

いびきをかいてしまう人もいれば、

全くかかない人もいますよね。

 

 

 

いびきはそれぞれの

睡眠の仕方に原因があります。

 

 

そこで、

いびきをかく人の特徴をそれぞれ紹介していきます。

 

 

 

いびきに悩んでいる方は自分と照らし合わせながら、

確認してみてください。

 

 

 

1、仰向けで寝ること

 

 

いびきはその人の健康不健康にかかわらず、

仰向けで寝てしまうことそのものが原因になります。

 

 

通常口の中にある舌ですが、

これは起きている間自分で制御しているからです。

 

 

 

それが寝ている間だと垂れさがってしまい、

気道を塞ぐような形になってしまいます。

 

 

 

この状態になると、

基本的にはいびきをかいてしまいます。

 

 

ですので、

先ほども紹介したように、

仰向けで舌が下がった状態を横向きに寝て改善するというわけです。

 

 

 

2、太った状態

 

 

太っている人は腹回りの脂肪がよく気になりますが、

喉回り、気道周りにもつきます。

 

 

 

ここの脂肪がつきすぎてしまうと、

脂肪が気道を狭くしてしまい、

いびきの原因になってしまいます。

 

 

 

ですので、

太っている人、首周りに脂肪が付いている人は

横向きに寝てもいびきが改善されない可能性がありますので、

注意が必要です。

 

 

 

3、ストレスや生活習慣

 

 

生活習慣の乱れなどもいびきの原因になります。

 

 

仕事で疲れている、

プレッシャーやストレスを感じている場合に、

いつもはかかないのにいびきをかいてしまうことも少なくありません。

 

 

 

また、

こういった時にありがちなのがお酒の飲みすぎです。

 

 

アルコールは筋肉の緊張を緩める効果があり、

口呼吸をしているときに筋肉が緩んでしまいます。

 

 

 

それが原因で舌が気道を塞いでしまうことがあります。

 

 

 

まとめ

 

 

 

今回のことをまとめると、

 

・いびきを改善するためには横向きに寝る
・ストレスや生活習慣が原因
・脂肪のせいでいびきをかいてしまうこともある

 

 

になります。

 

 

 

いびきは太っている人や男性が主な症状という

イメージがありますが、

これはあながち間違っていません。

 

 

 

先ほども紹介しましたが、

脂肪が首周りについてしまうと気道を狭くしてしまいますので、

いびきの原因になります。

 

 

 

ただし、

これ以外のいびきの原因も注意が必要です。

 

 

 

特にストレスや生活習慣の乱れから来るものは、

体を休めなくてはいけないときに、

さらに睡眠に質を悪くしてしまうからです。

 

 

 

そして一番大変なことは、

意外と自分ではいびきをかいているか気づかないという点です。

 

 

 

ですので、

体調がよくない場合や生活習慣が乱れている場合などは、

家族に自分がいびきをかいているか確認してみることも大切です。

 

 

 

私も仕事が遅くなってしまい、

生活習慣が乱れているときにはいびきをかいていることがありました。

 

 

 

その時は旦那が注意してくれたので、

横向きで寝たりストレス発散を

することを意識して生活を変えていきました。

 

 

 

原因がある程度予想できれば、

いびきの原因は基本的に解決できるものばかりですので、

自分に合った改善策を使っていびきを解消していきましょう。

カテゴリ:その他 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ