エアコンのベストな掃除方法はこれ!こんな自分でも簡単にできます!

目安時間:約 11分

 

最近は暑い夏が続くので、

絶対必須になってくるエアコン。

 

 

 

外の気温が30度を超えることよりも、

室温が30度を超えた状態が続いては快適に過ごすことはできません。

 

 

 

 

ですので、

快適な暮らしをするためにはエアコンの掃除も必須になってきます。

 

 

 

 

ですが、

エアコンの掃除って難しいそうですよね。

 

 

 

実はエアコンの掃除はある程度で

あれば自分でもやることができます。

 

 

 

エアコン内部が汚れすぎてしまうと、

あまり冷房が効かなくなるなどの悪影響もあります。

 

 

 

 

そこで、

今回はエアコンを自分で掃除する方法について紹介していきます。

 

 

 

エアコンの簡単な掃除方法とは?

 

 

自分でエアコンを掃除する、

定期的な掃除は大切ではありますがなかなかやり方がわからない、

そんな方も少なくないですよね。

 

 

 

 

実は、

段階ごとに分けて掃除をすることで、

そこまで難しくなく掃除をすることができます。

 

 

 

 

エアコンで掃除が可能なのは、フィルター、

吹き出し口、冷却フィンの3つになります。

 

 

 

 

まずエアコンを掃除するために

コンセントを抜きます。

 

 

掃除中にエアコンが起動すると

危ないのでこれだけは忘れないでください。

 

 

 

 

外した後は、

エアコンのパネルを外し内部のフィルターを取り外します。

 

 

 

このフィルターの掃除方法としては、

まず全体を掃除機で掃除します。

 

 

 

 

これである程度のゴミを取ることができます。

 

 

次に、

フィルターの表面を上にして水洗いをしていきます。

 

 

 

水を流す際、水流だけでごみがとれないこともありますので、

その際は歯ブラシなどを使用してこすりながら掃除してください。

 

 

 

 

その後は陰干しで乾燥させるだけになります。

 

 

 

次に吹き出し口や外側の掃除です。

 

 

エアコンにはホコリがたまり、

特にエアコン上部にホコリが貯まることがあります。

 

 

 

 

また、吹き出し口も汚れやすいので、

このあたりを綺麗にふき取ります。

 

 

 

最後に冷却フィンです。

 

 

 

冷却フィンは目が細かく完全に

汚れを落とすことはなかなか難しいので、

掃除機でホコリを吸い取るのがオススメです。

 

 

 

 

その後、

しっかり絞ったタオルで汚れを

ふき取ると汚れを取ることができます。

 

 

 

 

エアコンは高い位置なるので、

掃除自体は少し大変ではありますが

作業自体はそこまで難しくありませんよね。

 

 

 

 

しっかり掃除をすることで長く使うことができますし、

夏を快適に過ごすことができますので、

ぜひ定期的に掃除をしていきましょう。

 

 

 

エアコンの掃除をする時の注意点は?更に綺麗にする方法とは?

 

 

エアコンは掃除をする、

自分でやるのも意外と簡単ではありますが

注意するときもいくつかあります。

 

 

 

 

私自身も2週間に1回掃除をするようにしていますが、

掃除をしていて感じることは、掃除をやりすぎないことが大切です。

 

 

 

 

というのも、

エアコンは自分で掃除できる場所はある程度限定されています。

 

 

 

 

 

ですので、

エアコンを掃除しすぎるとエアコンの

部品を傷つけてしまうことがあります。

 

 

 

 

精密な部品もたくさんありますので、

それらを無理に掃除しようとすると故障の可能性も出てきます。

 

 

 

 

お空の届かない部分を掃除したいという気持ちは少し抑えて、

簡単に掃除できる部分だけを優先的に掃除しましょう。

 

 

 

また、

エアコンの掃除は自分で行うだけでは不十分です。

 

 

 

個人ではなかなか難しい掃除の箇所、

室外機の掃除などは自分では行うことができないです。

 

 

 

2週間に1回程度定期的にエアコンを掃除する必要がありますが、

それとは別に一年に一回業者に頼んで

大掛かりな掃除を行ってもらうことも大切です。

 

 

 

室内機と室外機どちらもクリーニングしてもらい、

日常では自分で定期的に掃除する、

これを行うことでエアコンを綺麗に保つことができます。

 

 

 

 

エアコン内部が汚いと、

冷房暖房の機能が落ちることはもちろん、

送風される風も綺麗なものではなくなってしまいます。

 

 

 

 

こうなると体にも悪影響を及ぼす可能性もありますので、

毎日使うものですから綺麗に

保つように掃除を欠かさないようにしましょう。

 

 

 

 

まとめ

 

 

今回のことをまとめると、

 

 

・エアコン内部は、フィルターやフィンを掃除するのがメイン
・掃除を念入りにやりすぎて壊すことに注意
・個人で掃除できない部分の汚れは業者に委託する

 

 

 

になります。

 

 

 

最近は夏の気温が上がってきて、

クーラーが今まで以上に必須になってきました。

 

 

 

 

ですので、

クーラーを長く使えるように整備することが大切になります。

 

 

 

 

クーラーはそれくらい大切な家電の一つではありますが、

実は意外と掃除には手が届いていないということが少なくありません。

 

 

 

 

 

ですが、

あまり知られてはいないだけで、

定期的な掃除は個人でも問題なくできるように作られています。

 

 

 

 

クーラーは室外機室内機共に汚れが溜まってしまうと、

冷房の効果が減少してしまいます。

 

 

 

 

ですので、

今回紹介したような掃除方法はぜひ実践していただきたいです。

 

 

 

しかし注意点があり、

あまり執拗に掃除をしすぎてしまうとクーラーの

部品を傷つけてしまうことがあります。

 

 

 

 

掃除が難しい箇所や繊細な部分については自分で掃除をせず、

業者にクリーニングを委託しましょう

カテゴリ:その他 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ