ケーキの種類一覧! 美味しいケーキの名前の由来とは

目安時間:約 12分

女性が魅力的に感じやすいものの

一つとしてあげられるスイーツ。

 

 

 

 

ご飯の後に食べることはもちろん、

スイーツのみのバイキングも人気ですよね。

 

 

 

 

そんなスイーツの中でも定番なのがケーキです。

 

 

 

 

定番のショートケーキからチョコレート系など、

ケーキもたくさんあります。

 

 

 

 

このケーキ、

実は意外と種類を知らないという方も多いのではないでしょうか。

 

 

ケーキにもたくさん種類がありますし、

それぞれ味の特徴が違ってきます。

 

 

 

 

 

そこで、

今回はケーキについて紹介していきます。

 

 

ケーキの種類一覧表!名前も色々!

 

 

ケーキと一言に言っても色々あり、

種類が豊富にあります。

 

 

 

ケーキと言ってよく連想されるのが

イチゴが乗ったショートケーキですが、

それはスポンジケーキの一つになります。

 

 

 

 

それ以外にも沢山のケーキがありますので、

ケーキの種類についてまず一覧で紹介していきます。

 

 

 

まずはショートケーキです。

 

 

ショートケーキは定番のケーキなので

見たことがある方も多いケーキですが、

 

 

これは定番のイチゴが乗ったショートケーキで

ストロベリーショートケーキ、

乗っているもので頭の名前が変わります。

 

 

ショートケーキは日本ではスポンジ生地が

使われることが多いですが、

 

 

 

アメリカではスポンジだけではなく、

クッキー生地が使われることもある

ケーキのスタイルになります。

 

 

 

 

定番のケーキではありますが、

それでも日米でスタイルが違うケーキなんです。

 

 

 

次にシフォンケーキです。

 

 

 

こちらもよく家庭で食べられるケーキですし、

その作りやすさから自分で作る人も多いケーキの一つですね。

 

 

 

 

私もよく作りますが、

型があればしっかり焼けるのでとても簡単で、

作っていて楽しいケーキです。

 

 

 

 

 

こちらはスポンジケーキがメインのケーキで、

クリームなどを付けることはありますが、

スポンジ全体をコーティングしないところが

ショートケーキとは違うところです。

 

 

 

 

生クリームなどをふんだんに使っている

タイプのケーキではありませんので、

他のケーキと比べてヘルシーなのもいいところですね。

 

 

 

 

 

生クリームが苦手という方でも食べられる

ケーキなのもポイントの一つです。

 

 

他にも沢山ありますので、
種類をまとめてみました。

 

 

 

スポンジケーキの種類

 

 

ショー
シフォン
モンブラン
ブランデー
ワイン
ロール
チョコレート
シャルロット
フルーツ
ブルーベリー
ブッシュ・ド・ノエル
ザルツブルガトールテ
キルシュトルテ

 

 

 

チーズケーキの種類

 

ベイクド
レア
ヨーグルト
スフレ
ニューヨーク
カマンベール
リコッタ

 

 

 

タルトの種類

 

シブースト
フロランタン
リンツァートルテ
エンガディナー
エッグタルト
フルーツタルト
タルトレット
タルトサンド

 

 

チョコケーキの種類

 

ガトーショコラ
パヴェ・ド・ショコラ
トリュフ
ガナッシュ
ロッシェ
オーランジェ
ブラウニー
フィナンシェ
パヴェ
ザッハトルテ

ガトーショコラ

 

 

 

 

 

少しケーキ作りになれている人であれば、

こちらも比較的に作ることができるケーキですし、

チョコレートタイプの

ケーキなので好きな人も多いケーキですね。

 

 

 

その名前からもわかる通り

チョコレートをたくさん使うケーキとなっているので、

食べた時のチョコの味わいは独特のおいしさがありますよね。

 

 

 

 

 

作り方がそこまで難しくないことから

バレンタインデーなどでも多用されるケーキですので、

一度も作ったことがない方は、

自分で作ってみるのも面白いかもしれませんね。

 

 

 

 

ケーキの名前の由来とは?子供でもわかるように解説!

 

 

今回紹介しただけでも

毛色の違うケーキがたくさんありますよね。

 

 

 

 

それぞれ味わいが違うので、

気分や好みに合わせて選べるのもケーキの魅力の一つです。

 

 

 

 

そんなケーキですが、

実はそれぞれの名前にもしっかり由来がありますので、

ここではケーキの由来について紹介していきます。

 

 

 

 

まず先ほども紹介したガトーショコラです。

 

 

 

 

これは取っ手もシンプルな名前で、

フランス語でガトーがケーキ、

ショコラがチョコレートの意味になります。

 

 

 

ですので、

ガトーショコラは単純に

チョコレートケーキという意味になります。

 

 

 

 

次にシュークリームです。

 

 

 

 

こちらもコンビニやスーパーで

簡単に買うことのできる手軽なケーキの一つですが、

名前は実は意外なところから来ています。

 

 

 

 

 

 

シュークリームのシューとは、

フランス語でキャベツの意味があり、

キャベツとシュークリームの形が

似ていたことから付けられた名前になっているんです。

 

 

 

 

 

シュークリームとキャベツが似ているなんて

現代の人中々考えないかもしれませんが、

確かに言われてみると似ていますよね。

 

 

 

こういった形からの名前をケーキには多くあります。

 

 

 

 

 

ケーキは今なお様々な場面で愛されている食べ物ではありますが、

ケーキの名前にもそれぞれ形や特徴からつけられているんですね。

 

 

 

シュークリームのように意外な名前に付けかたもありますので、

自分が良く食べるケーキの名前も

調べてみるのも面白いかもしれませんね。

 

 

 

まとめ

今回のことをまとめると、

 

 

 

・ケーキの種類は沢山ある
・ショートケーキはクッキー生地を使われることもある
・ガトーショコラのガトーはケーキという意味
・シュークリームのシューはキャベツという意味

 

 

 

になります。

シュークリームのような意外な由来から、

定番のケーキまで種類や由来がケーキにはたくさんあります。

 

 

 

 

 

 

ケーキ自体も沢山の種類がありますので、

味でも楽しむことができますし、

さらにこういった由来などでも楽しむことができんですね。

 

 

 

 

 

私も気になったケーキは、

食べるだけではなく調べてみるようにしていますが、

意外な由来だったりを知ることができるので楽しいです。

 

 

自分でケーキを作ったりする方は

レシピにも載っていることがありますので、

そういったところをチェックしても面白いですね。

 

 

 

 

また、

ケーキの専門店に行くと見たことがないケーキもありますので、

そういったケーキを調べる癖をつけてみるのもオススメです。

カテゴリ:その他 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ