ボーナス時のお小遣い!見たらショックかも?旦那のお小遣いは?

目安時間:約 11分

1年に2回もらえるボーナス、

給料以上にお金がもらえるからいつもできないことができるようになります。

 

 

ですが、家庭に入っていてはなかなか難しいですよね。
ボーナスをもらっても、子供の教育費や車、家のローンもあります。

 

 

ではボーナス時は旦那さんはいくらくらいもらえるんでしょうか。

旦那さんがもらえる衝撃の金額を紹介したいと思います。

 

ボーナス時の子お小遣い!見たらショックかも?旦那のお小遣いは?

 

毎日仕事を頑張って、1年に数回もらえるボーナス。

 

 

これを楽しみにしている方も多いですが、

妻や子供がいるともちろんすべて自分に入ってくるケースは少ないです。

 

 

子供のためや家の必要経費として払われることが多いですが、

ではボーナス支給時のお小遣いってどれくらいなんでしょう。

 

 

ボーナスの額に分けて紹介していきたいと思います。

 

 

・ボーナスの10%がお小遣い

 

 

これはだいぶもらっている方ですよね。
これだけもらっていれば自分のやりたいことは大概できますし、

貯金しておけばお小遣いが足りなくなった時にも困りません。

 

 

ただこれくらい貰っている家庭は旦那さんのお小遣いも多いので、

足りなくなることがあまりないかもしれませんね。

 

 

 

・いつもより3万円プラス

 

 

いつものお小遣いだけだとさすが少ないと思う奥さんは、

3万円前後のお小遣いプラスをしてあげることが多いです。

 

ここがおそらく一番多い層ですかね。

 

 

旦那さんからすればもう少し

お小遣いアップをしてもらえるかもしれませんが、

頼み方に注意しないと逆に減らされてしまうかもしれませんので注意が必要ですね。

 

 

この層が一番多いお小遣いなので、ここで我慢するのも一つの手段だと思います。

 

 

・お小遣いプラスがない

 

 

これはさすがに旦那さんが可哀そうですね(笑)

毎日頑張って働いてもらったボーナスなんだから、

少しは上げてほしいところです。

 

 

これはお小遣いアップの交渉でも同じなんですが、

家庭でどれくらいの出費があり、

の程度自分の給料に回せるか調べておくのも手ですね。

 

 

無闇にお小遣いアップを頼んでもしてくれないと思うので、

どれくらいまでならアップしてくれるかをきちんと調べてみましょう。

 

 

どうしてもお小遣いを増やしたい方は
特別に増やす方法を教えますので、
是非とも覚えておいてください。

 

 

まずは1つ目

 

あなた自身がお金を管理する方法です。

 

もちろん話し合いで決めるなければいけませんが、
僕は稼いだお金は奥様が管理するのは変だと思い、
おれが管理すると強く言いました。

 

 

そしたら、奥さんも渋々納得してもらい、
私自身が管理することになり金額は私が決めて、
ボーナス時のお小遣いは0円⇒5万円に引き上げました。

 

 

2つ目

 

 

少し裏技的な方法でお勧めしている方法です。

 

これも私が実践しましたが、
残業を沢山した時は残業代の2割をお小遣いとして、割増しました。

 

 

ボーナスでアップできないなら残業代という手もありますし、

会社の同僚もそれを行い、
月に3万のお小遣いアップに成功しました。

 

 

3つ目

 

 

旦那さんが副業をするか、
奥様が外で働行けいなければ働いて
お小遣いを増やす方法もあります。

 

 

 

3番目が一番現実ですが、
今はネットでお金を稼ぐこともできますし、

アフィリエイトや転売、FAや株とかもあり
色々と選択ができますね。

 

 

 

こちらのブログ記事も副業でやっています。

 

1人で作業ができますし、働く場所は自由に選べます。

そして経費もあまりかかりませんし、リスクも低いのが魅力的です。

 

 

一番は資産ブログになりあなたが寝ている間や
放置していても収入が入ってきますので、
そのように考えると私としてはネットビジネスをお勧めします。

 

ボーナス支給!お小遣いは何に使っているの?

 

ここで気になるのが、ボーナス支給された時に何に使っているのかですね。

 

お小遣いで毎月やりくりしているわけですから、

ボーナスの時のお小遣いアップではそれ以上のことができます。

 

 

そして意外と奥さんは旦那さんがどんなことに

お金を使っているか知らないことも少なくありませんよね。

 

 

そこで、ボーナス支給の時に旦那さんは

何にお金を使っているか、3つ紹介したいと思います。

 

 

・貯金

 

いつものお小遣いが足りなくなる時に貯金があれば乗り切ることができます。

 

 

だけど、いつものお小遣いだとなかなか難しいので、

多めにもらうボーナスの時に貯金をするのが定番ですね。

 

 

私自身、ボーナスの時のお小遣いアップ

をしてもそれを少しづつ貯金していました。

 

 

貯金しておけば欲しい物があったときに困りませんし、

これが一番無難かもしれませんね。

 

 

・飲み代

 

仕事終わりなどに会社の同僚や友人と飲みに行く、

働いていればよく見かける光景ですよね。

 

 

ですが、お財布事情が厳しいと

頻繁に飲みに行くのはなかなか難しいですね。

 

またせっかくボーナスをもらったんだからと、

自分を褒める意味でも飲みに行く人が多いです。

 

 

飲みに行く場所もいつも行っている

場所は安くて何回も行けるところですが、

ボーナスの時は少し高いところに行ったりすることもできるのでとても楽しみでした。

 

 

毎月のお小遣いではなかなか高いところに行くこともできないので、

これもまた一つの楽しみ方ですよね。

 

 

・趣味代

 

必要経費でお小遣いが毎月消えてしまうと、

どうしても自分の趣味のためにお金が使えなかったりします。

 

 

ですので、ボーナスの時に自分の好きなことに使う、

例えばゴルフであったりゲームであったりですね。

 

 

大人になって意外と新しい趣味ができたりすることも少なくありません。

 

私はゲームが好きなので、ボーナスの時に新しいゲームを

買って遊ぶのが楽しみの一つでした。

 

 

ゴルフに行く人でも、

自分の道具を揃えるためにお金が必要になり、

なかなかお小遣いだけでは足りないことも少なくありません。

 

 

そんな時にボーナスのお金があると買いやすいです。

 

 

まとめ

 

今回のことをまとめると、

 

 

・ボーナス時のお小遣いは3万円が多い
・場合によってはお小遣いがアップしないこともある
・ボーナス時のお小遣いは趣味や飲み代に使われていることが多いです。

 

 

旦那さんが一生懸命働いたからこそあるボーナス、

もちろん自分のために使いたいという気持ちもありますが、

家庭がある場合はそういうわけにいきません。

 

 

全額が一度奥さんに行ってからお小遣いとして渡すが定番です。

 

 

私は以前ボーナス時のお小遣いはアップしていませんでしが、

会社でお小遣いアップしている家庭があることを

聞いてすぐさま交渉してあげてもらいました。

 

 

奥さんに頭が上がらない旦那さんも多いかと思いますが、

自分が頑張って働いてもらったボーナス、

少しは分けてもらうとモチベーションにもつながるので交渉してみるのもいいと思います。

 

 

また、奥さんは旦那さんの頑張りを評価してあげて、

少しはお小遣いアップお願いします(笑)

カテゴリ:その他 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ