中学校の卒業式は親が来ないのは常識なの?行くと過保護なの?

目安時間:約 10分

 

小学校や中学校は入学式と

卒業式共に親も出席する人が以前は多かったです。

 

 

だいたい高校以降から親が出席

しなくなってくるのが一般的でしたね。

ですが最近中学校の卒業式も出席しない親が増えてきました。

 

 

ですので、中学校の卒業式は出席した方がいいのか、

それとも出席するのは過保護なのかが親としては気になるところです。

 

 

 

そこで、

今回は中学校の卒業式事情について紹介していきます。

 

 

非常に参考になるので、

最後まで読んで頂けると嬉しいです!

 

 

中学校の卒業式は親は来ないの?

 

そもそも、中学校の卒業式に

親は来ないのかというとそういうわけではありません。

 

 

もちろん親御さんが出席する場合も大いにあります。

 

 

ですが、

最近は親御さんが出席しない場合も少なくありません。

 

 

 

少なくなってきた最大の理由は、

最近は共働きの家族が多いという点です。

 

 

昔は父親が仕事、母親は家庭に入るのが一般的でした。

 

ですが、最近では両新どっちも

仕事をしていることが珍しくありません。

 

 

卒業式は土日にやることもありますが、

学校の都合で平日にやることも少なくありません。

 

 

平日となると、共働きをしている家庭はどちらかが

仕事を休まなくてはいけなくなります。

 

 

 

もちろん、パートなどで休みが比較的簡単に取れるなら、

卒業式の日程が分かった時点で休みを取る家庭もあります。

 

 

 

ですが、卒業式の日にちが分かった頃には

もう休みが取れない職場もありますよね。

 

 

 

実際、私の家も共働きで両親とも正社員で働いていたので、

平日の卒業式はどちらも出られないということがありました。

 

 

共働きの家庭であれば、

卒業式にかかわらずそういったことが多いので、

私も別段何も感じず普通に卒業式に出席しました。

 

 

私の家のように、最近ではこういった家庭が多く、

このため卒業式に出ない親も少なくないというわけです。

 

 

 

もちろん、子供の成長を肌で感じたい

親御さんはぜひ参加するべきです。

 

 

ですが、正社員で働いていればどうしても

休めないタイミングも必ずあります。

 

 

このタイミングこそが、

卒業式に親が来ない場合の大きな理由になっているというわけです。

 

 

中学校の卒業式は誰も来ないのはあり?

 

 

親が来ないのであれば、

親族のだれかが出席するのももちろん可能です。

 

 

 

祖父母に育てられた方であれば、

両親ではなく祖父母の方が出席することもあるくらいです。

 

 

また、兄弟で年が離れている際は、

兄弟が親の代わりに出席するなんて場面もあります。

 

 

 

ですが、絶対に中学校の卒業式に

親族の誰かが出席しなくてはいけないというわけではありません。

 

 

例えば、共働きの両親で一人っ子、

親の地元とも離れている場合、

距離的な問題で親しか卒業式に出席できないですよね。

 

 

ですが、共働きでどちらも卒業式の日は仕事、

という場合卒業式に出席するのは難しいですよね。

 

 

こういった場合があるので、

親族の人が必ず出席しなくてはいけないということはありません。

 

 

また、卒業式を通過点と考えていて、

家であまり重要視していない家も少なからずあります。

 

 

そういった家庭の場合、

そもそも卒業式に親が出席するかどうかの

話にすらならない場合もありますね。

 

 

 

また、中学校を卒業するとなると子供の年齢も15歳です。

これくらいになると、

親が一々行事に参加するのを子供が嫌がる場合もありますよね。

 

 

 

もう大きくなったから親が一緒といるのは恥ずかしい、

思春期にありがちな発想ですが、

これが理由でこどもが嫌がるからと

行かない親御さんもいらっしゃいます。

 

 

 

 

子供のこういった気持ちもわかりますよね。

 

 

確かに中学校卒業となるとかなり成長しているので、

まだまだ子供ではありますが、

親と一緒に行動する年齢でもありません。

 

 

ですので、そういった理由で卒業式くらい一人で、

という気持ちが働いて誰も出席しないということもあります。

 

 

 

卒業式に親族の誰かは参加させたい、

もしくは参加しなくてもいいだろうという話は、

事前に子供と相談しておくのが無難です。

 

 

卒業式に来てほしくないと子供が思っているなら、

尊重してあげるのも一つの選択肢ですね。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

今回のことをまとめると、

 

 

 

・共働きだと卒業式には参加しにくい
・親族だれも卒業式に参加しない場合もある
・参加するかどうかは子供の意見も取り入れる

 

 

 

になります。

 

 

子供にとっては一生に一度の卒業式ですが、

親にとっても子供の卒業式は一生に一度です。

 

 

ですので、

絶対に見たいという親御さんもいらっしゃいます。

 

 

私の親も、仕事で中学校の卒業式は来れませんでしが、

それ以外の親が参加できる行事には積極的に参加してしました。

 

 

ですので、

卒業式は参加するしないは親の好みで大丈夫です。

 

 

 

また、子供がどうしても来てほしくないという場合は、

それを聞き入れてあげるのもいいですね。

 

 

親がいけない場合に祖父母がいく、

これも絶対ではありません。

 

 

最近は誰も参加しないことも珍しくないので、

祖父母が遠方にいる場合は無理をする必要はありません。

 

 

卒業式への参加はそれぞれの家庭の

事情とすり合わせて決めていくのが一番です。

 

 

カテゴリ:その他 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ