小学校受験は意味ない!子供が不幸になる!そのデメリットとは?

目安時間:約 10分

 

子供に勉強させたり、

良い学校に行ってもらいたい!

 

 

そんな親も沢山いると思います。

 

 

 

中には小学校も私立に行かせたいと悩んでいる家族もいると思いますが、

そんなあなたにメッセージを送りたいと思います。

 

 

 

 

小学校受験は意味なし!そのデメリットは?

 

 

まずは結論からです。

小学校受験はデメリットのほうが多いです。

 

 

その理由は以下の通りです。

 

 

 

 

 

 

・子供の時はのびのびと教育させるべき

 

 

 

 

私が思うに幼稚園のころから受験勉強をさせても、

子供もストレスになりますし、

子供の頃しかできないことが沢山あります。

 

 

おもちゃや友達と遊んだり、家族旅行をしたり、

夏はプールで泳いだり色々とありますよね。

 

 

思い出作りのも含めて、

小さい頃はなるべく子供らしくのびのびと自由にさせるべきだと私は思います。

 

 

 

私の知人で小学校受験をして、良い学校に入った人がいますが、

親からのプレシャーで高校の時に行方不明になり、

転落した知人がいます。

 

 

 

 

そのまま大学にうまく行った人もいますが、

子供の頃の思い出は勉強しかない!

つまらなかった!

 

 

 

 

そんな人もいましたね。

 

 

子供の時代は二度と戻ってきませんので、

勉強も大切ですが、

楽しい思い出作りのほうに頑張ってはどうでしょうか。

 

 

 

小学校受験をしなくても、

中学受験、高校受験、大学受験とあります。

 

 

 

個人的には中学時代に勉強を真面目に行い、

高校受験からでも問題ないと断言できます。

 

 

 

小学校、中学校受験をしなくても優秀な高校に行くこともできますし、

幼稚園や小学校のころは程々の勉強でも問題ありません。

 

 

人として成長できる機会を与えるべきです。

受験はその後からでも遅くはありません。

 

 

 

 

 

 

・通勤が発生する

 

 

 

人にもよりますが、電車やバスを使い、

学校まで通うのが大半のケースとなりますね。

 

 

貴重な時間を通勤で潰されてしまうのは、

子供たちが可愛そうだと思いますし、

何よりも防犯面や安全面も考えないといけません。

 

 

何よりも子供の負担も大きくなるのが大きいでしょう。

 

 

 

 

 

 

・近所の友達ができない

 

 

 

小学校に合格して、入学してしまうと別の地域の学校に通う為、

近場の友達がなかなかできなくなる可能性が高くなりますね。

 

 

 

そうなると休みの日に近場の友達と

遊ぶのが難しくなるでしょう。

 

 

 

 

小学校受験で最大のデメリットとは?

 

 

 

3つのデメリットをお伝えしてきましたが、

最大のデメリットはやはりお金の問題です。

 

 

 

何故なら金額も安い額ではありませんし、

受験は今後も続き費用が更に増えるからです。

 

 

中学、高校、大学まで続くので、

年収がそんなに高くない人だとかなりに負担になります。

 

 

 

ちなみに以下が平均的な費用です。

 

 

 

公立小学校費用

 

 

•1年生 34万2640円
•2年生 27万917円
•3年生 28万9272円
•4年生 31万908円
•5年生 34万5078円
•6年生 37万5358円

 

 

 

私立小学校費用

 

 

 

 

•1年生 184万2650円
•2年生 127万5934円
•3年生 136万5914円
•4年生 146万4090円
•5年生 155万7348円
•6年生 165万8692円

 

 

 

 

この中に修学旅行費、塾代も含めれているため、

高学年になると修学旅行費、受験の為の塾費用も重なり高くなっていることがわかります。

 

 

結構高くないですか?

特に私立がかなり高いですね。

 

 

 

個人的には小学校にそこまでお金をかけるなら、

他のことにお金を使うほうが有意義だと思います。

 

 

 

家族旅行何回行けるのかな(笑)

勉強は中学からでも遅くはありません。

 

 

 

それと学校が合わない人も必ず出てくると思います。

そうなると編入を受け入れている学校なら可能ですが、

また試験に合格しなければいけません。

 

 

 

 

そうなると子供も親も負担は大きくなりますし、

今までの時間ですが損した気持ちにもなります。

 

 

 

ですので、後先のことを考えてから、

検討することをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

今回の話をまとめると以下の通り。

 

 

 

 

 

・子供の時はのびのびと教育させるべき

・受験は高校からでも遅くない

・通勤が発生する

・近所の友達ができない

・費用がかかる

 

 

 

 

 

 

デメリットが結構ありますが、

お金に余裕があり小学校から高度な教育を受けさせたいなら

それも1つの選択肢だと思います。

 

 

 

でも、幼いころの思い出は2度と作ることはできませんし、

小学校で勉強ができたからっと言って人生が成功するとも思いません。

 

 

 

 

ですので、

子供の頃は普通の生活や家族と地元の友達と遊んだりして、

人間力を高めたり思い出を作る選択肢もありです。

 

 

 

受験は高校からでも遅くありませんし、

本当の勝負は社会人になってからです。

 

 

 

勉強も大切ですが、

子供にとって何が大切かよく考えてから、

行動に移すのが賢明です。

 

 

 

無理やり受験させても子供も喜びませんし、

子供の意見を大切にしてあげて、

後悔しない選択をして下さいね。

 

 

カテゴリ:その他 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ