敬老の日を子供でも簡単に分かるように説明したいあなたに必見!

目安時間:約 10分

 

敬老の日、

大人であればだれもが理解している祝日ではありますが、

子供にはまだまだ難しい部分がある祝日ですよね。

 

 

意外と教えるとなると難しいこともあります。

 

 

私も最初子供に聞かれたときは

どう答えればいいか迷ってしまいました。

 

 

ですので、子供に聞かれる前に、

大切なポイントを押さえて開設できるようになっておくのがベストです。

 

 

そこで、

今回は敬老の日を子供に解説するための方法を紹介していきます。

 

 

敬老の日とは?子供に向けて分かりやすく解説!

 

敬老の日、

漢字から言葉の意味を推察できる

大人であれば簡単に意味が分かる祝日ですよね。

 

 

敬老の日は、

「多年にわたり、社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」

というのが正式な意味になります。

 

 

 

噛み砕いていうのであれば、

社会のために働いてきた老人に感謝を伝える日ということですね。

 

 

ですので、

子供の頃に敬老の日になると、

おじいちゃんおばあちゃんに

お礼を言った思い出がある方も少なくないですよね。

 

 

では、

実際に子供に説明するにはどうすればいいかというと、

敬老の日は、おじいちゃんおばあちゃんに

ありがとうを伝える日なんだよ!

 

 

これがわかりやすくていいですね。

 

 

 

感謝や敬愛、長寿といった言葉は難しく、

子供に言っても中々理解しにくい言葉です。

 

 

 

ですので、

説明する際にはこういった言葉は省いて、

わかりやすい言葉で、

祖父母に感謝を伝える日と言うとわかりやすく伝わりやすいです。

 

 

 

実際、私の子供に同じように説明したところ、

すぐに理解してくれておじいちゃんおばあちゃんに

電話をする運びになりました。

 

 

子供に敬老の日の説明をする際には、

こうやってわかりやすく説明してみてください。

 

 

敬老の日の由来とは?子供向けに解説!

 

祝日にはそれぞれ由来があり、

意外と勉強になることも多いです。

 

 

それは敬老の日も例外ではありません。

 

ですが、

敬老の日の由来を子供にそのまま説明すると、

なかなか理解するのが難しいですよね。

 

 

ですので、

子供向けの解説の仕方について紹介していきます。

 

 

まず、

敬老の日には由来が二つあるので、

それを自分自身が理解しておく必要があります。

 

 

 

敬老の日の由来は、

 

 

・聖徳太子説
・養老の滝説

 

 

 

の二つがあります。

 

 

聖徳太子説は、

聖徳太子が身寄りのない老人や子供を救うため、

悲田院という施設を大坂に作りました。

 

 

この日付が593年9月15日で、

この日を敬老の日にしたという説です。

 

 

 

こちらは、聖徳太子という偉い人が、

子供やおじいちゃんおばあちゃんが

 

楽しく暮らせる場所を作った日なんだよ、

と教えることができます。

 

 

 

もう一つの説が養老の滝説です。

 

 

こちらの説は聖徳太子の説とはまた違い、

登場するのは父親思いの息子です。

 

 

この息子が、

お酒好きな父親に酒を飲ませたい一心で願うと、

霊泉からお酒が湧きます。

 

 

 

そのおかげで、

父親に毎日お酒を飲ませることができ、

父親はどんどん元気になります。

 

 

 

これを天皇が聞いて、

父親思いの子供の願いが神さまに通じたことから、

その霊泉に向かいます。

 

 

 

その時の日付が717年の9月15で、 

敬老の日となったというわけです。

 

 

 

この説は、お父さんのことが好きな子供が、

お父さんのためにお酒を飲ませてあげたいと願った。

 

そうしたらお酒の滝ができて、

お父さんにお酒を毎日飲ませることができるようになったんだ。

 

 

 

これを聞いた偉い人が、

その滝を見に行こうと決めた日が敬老の日なんだよ。

 

 

と教えることができます。

 

 

聖徳太子の説よりもストーリーが濃いので、

こちらの説のほうが子供もイメージが

湧きやすいかもしれませんね。

 

 

どちらも敬老の日の由来ではありますが、

どちらも教えると子供も混乱してしまいます。

 

 

 

ですので、どちらか一方を教えるのがいいですね。

 

オススメとしては、養老の滝の説です。

 

 

こちらの方が物語として聞かせることができるので、

子供も覚えやすいです。

 

 

 

敬老の日の由来を子供に説明するときには、

これを参考にして解説してあげてみてください。

 

 

 

まとめ

 

 

今回のことをまとめると、

 

・敬老の日は祖父母に感謝する日
・由来は二つある
・養老の滝の説の方が、物語がしっかりしていて説明しやすい

 

 

 

になります。

 

 

敬老の日は祖父母に感謝させるには絶好の祝日です。

 

 

祖父母も孫の顔を見たり、

声を聴くのを楽しみにしていることが多いですし、

子供にも祖父母を大切にしてほしいですよね。

 

 

 

そのために、

敬老の日を使って感謝させるのはいい方法です。

 

 

 

また、そういった目的でなくても、

敬老の日の説明をする際、難しい言葉を

並べて説明しても子供にはわかりにくいです。

 

 

 

ですので、おじいちゃんおばあちゃんにお礼を言う日、

と簡単に教えてあげるのがベストですね。

 

 

 

また、由来を教えてあげる際にも、

難しく教えるのではなく、

概要を簡単に教えてあげるのがわかりやすく解説するコツです。

 

 

 

また、

二つある由来をどちらもいっぺんに

説明すると混乱してしまいます。

 

 

 

ですので、

片方だけ解説して教えてあげるのも敬老の日を

解説する上では意外と大切です。

 

 

 

そのうえで、

もしもう一方の説を聞かれたら答えてあげるくらいの

スタンスが、一番混乱せずに解説してあげられますね。

 

 

 

子供がわかりやすく理解できる方法を

考えながら解説してあげましょう。

カテゴリ:その他 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ