業務スーパーの焼き鳥が激うま!レンジでチンしても激ウマにする方法!

目安時間:約 11分

ご飯のお供にはもちろん、おつまみにも最高の焼き鳥、

外食の時や買ってきて家で楽しむなど、

好きな方の多い食品の一つですよね。

 

 

 

 

 

私も焼き鳥はとても好きなので、

仕事帰りによく買って帰ってきます。

 

 

 

そんな焼き鳥、スーパーなどで買うのももちろんいいですが、

業務スーパーで購入するのもおすすめです。

 

 

 

業務スーパーと聞くと

自分はそんなにたくさん買わないから大丈夫だとか、

自分がよく行くスーパー以外であまり買わない方も多いです。

 

 

 

 

ですが、業務スーパーの焼き鳥にはメリットもたくさんありますので、

今回は業務スーパーの焼き鳥について紹介していきます。

 

 

 

 

業務スーパーの焼き鳥は低価格!レンジでチンでも美味しくする裏技!

 

焼き鳥はいろいろな場所で買うことができますよね。

 

 

 

 

 

私も焼き鳥を購入するときには普通のスーパーで購入することや、

居酒屋さんから買ってくることもあります。

 

 

 

 

 

ですが、

毎回焼き鳥を帰宅前に買う時間があるわけではありませんので、

毎回足を運んでいると大変です。

 

 

 

 

 

そこでおすすめなのが

業務スーパーの焼き鳥です。

 

 

 

 

業務スーパーのなにがいいかというと、

まずはその販売している量になります。

 

 

 

 

焼き鳥を普通のところで購入すると、

基本は1本ずつ売っていることが多く、

そうでなくても数本ずつでの販売になります。

 

 

 

 

 

その日で食べきってしまうのであれば問題ありませんが、

まとめ買いをするにはかなり大変ですよね。

 

 

 

 

しかも生ものですので、

保存もあまり効かないという点が意外と大変です。

 

 

 

ですが、業務スーパーの焼き鳥は違います。

 

 

 

 

 

基本的に数十本入りのものを販売しており、

しかも冷凍保存してあるため、温めれば簡単に食べることができます。

 

 

 

 

 

数本ずつの焼き鳥であれば買ってきた分は食べなくてはいけませんが、

冷凍保存されている業務スーパーの焼き鳥であれば、

自分がその時に食べたい分だけを解凍すればいいのでとても便利です。

 

 

 

 

 

 

また、一度にたくさん買って

保存しておけるのも便利ですのでおすすめですよ。

 

 

 

 

 

一本当たりの値段も安いのでコストパフォーマンスも高いです。

もちろん専門の場所で買ういい焼き鳥には勝てませんが、

十分焼き鳥のおいしさを味わうことができます。

 

 

 

 

 

そんな業務スーパーの焼き鳥の食べ方ですが、

スタンダードな方法はまず解凍してからフライパンで焼く方法です。

 

 

 

 

普通に焼くだけでしっかり

おいしい焼き鳥を作ることができます。

 

 

 

ただフライパンを使うと

どうしても洗い物が増えてしまいます。

 

 

 

 

 

 

実は業務スーパーの焼き鳥は電子レンジでも

おいしく作ることができます。

 

 

 

やり方としては、

フライパンの時のように解凍をする必要はなく、

耐熱皿に焼き鳥を入れてラップをしあとは加熱するだけです。

 

 

 

 

加熱時間は500Wか600Wでも変わってきますが、

1本で1分半、2本2分半、3本で3分半といったところです。

 

 

 

 

電子レンジによっても変わってくる場合がありますので、

加熱しすぎたなと思ったら少し時間を短くするなどの工夫をすると、

さらにおいしく食べられますよ。

 

 

 

 

 

私も電子レンジで焼き鳥を加熱して食べることがほとんどですが、

手間がかかわらないためとても便利で重宝しています。

 

 

 

 

また、

洗い物も耐熱皿くらいでラップをかけておけば油などの

汚れが飛び散ることもありません。

 

 

 

 

業務スーパーの焼き鳥を買った際はぜひ電子レンジで、

手軽に調理して食べてみてください。

 

 

 

 

業務スーパーの焼き鳥は何種類あるの?

 

 

 

業務スーパーの焼き鳥は先ほども紹介したように、

たくさん量が入っているためとてもお得に楽しむことができますし、

保存にも優れています。

 

 

 

 

 

焼き鳥一本当たり80円から70円ほどの

物もあるくらい安いので、手軽に楽しみたい、

またはたくさん買っておきたいという方におすすめです。

 

 

 

 

 

 

そんな業務スーパーの焼き鳥ですが、

焼き鳥を買う上でもう一つ気になることがあります。

 

 

 

 

 

 

それが焼き鳥の種類です。

焼き鳥屋さんに行けば様々な焼き鳥の種類が何本もありますが、

業務スーパーの焼き鳥に関していうと、そこまで多くありません。

 

 

 

 

 

鶏モモや鶏皮、

つくねなど多くても10本ないくらいが目安になります。

 

 

 

 

 

 

もちろんそれぞれの業務スーパーの品ぞろえにもよりますので、

その点に関しては地元の業務スーパーの焼き鳥の種類を確認してみてください。

 

 

 

 

私の地元の業務スーパーでは5つの種類の焼き鳥があります。

 

 

 

 

 

ですので、

買うときにはこの5種類の中から

自分の気分に合わせて買うようにしています。

 

 

 

 

 

そのあたりは住んでいる地域やスーパーにもよりますので、

自分に合ったものを選びましょう。

 

 

 

まとめ

 

 

 

今回のことをまとめると、

 

 

・業務スーパーの焼き鳥は安価で保存がしやすい
・電子レンジの調理方法が手軽でおすすめ
・焼き鳥の種類は多くても10程度

 

 

 

 

 

になります。
焼き鳥はおつまみに最高の食べ物ですし、

おかずにもなる万能の食べ物です。

 

 

 

 

 

 

ですがいちいち買ってくるのが面倒という方は、

ぜひ業務スーパーの焼き鳥を買ってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

保存することができ、

さらに電子レンジでの調理法を活用することで、

手軽に長く焼き鳥を楽しむことができますよ。

カテゴリ:その他 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ