痰が絡む!咳が止まらず悩んでいる方!解決法を教えます!

目安時間:約 11分

 

 

風邪を引くとよく出る症状といえば、

痰が絡んで咳が出る症状です。

 

 

 

風邪を引いたら咳が止まらなくなる、

少し長引くとよくありますよね。

 

 

そんな痰や咳ですが、

時によってはいつまでたっても

止まらなくなることがあります。

 

 

 

長引くと呼吸もしにくいですし、

咳をずっとしていると疲れるので

出来る限り早く治ってほしいですよね。

 

 

 

そこで、

痰や咳の解決法を紹介していきます。

 

 

 

痰の絡む!咳が止まらない原因は?

 

咳や痰が出るとなにか

異常があると考えられがちですが、

健康な状態でも咳や痰は出るんです。

 

 

 

ですが、

健康な状態だと無意識に処理できるレベルなので、

気づかないことが多いです。

 

 

 

ですが、

喉などが炎症を起こしていつも以上に痰や咳が出ると、

気になるレベルになります。

 

 

 

基本的に痰や咳の原因は風邪です。

 

 

咳は風邪のウイルスの仕業というわけではなく、

防衛の手段として体が行っているものです。

 

 

 

肺や気管にウイルスやホコリなどが

入ってしまわないよう、

出そうとしている状態になります。

 

 

 

ですので、

咳が出ること自体は悪いことではありません。

 

 

ただし、

あまりにひどい場合喉が敏感

になっている可能性があります。

 

 

 

咳が長期間続く人の中には、

咳をしすぎてしまって喉が敏感になってしまい、

本来は咳を出さなくてもいいようなものでも

咳が出てしまうことがあります。

 

 

 

この状態になってしまうと咳はなかなか治らず、

長期間咳が出る状態が続いてしまうことがあります。

 

 

 

 

また、

喉が乾燥していると敏感になることもあり、

水分補給などをして喉を潤すことが大切です。

 

 

 

私もが是を引いた後、

咳だけが何日も続くことがありますが、

こういう時はこまめに水分補給をして対策しています。

 

 

 

咳が長期間治らない、

喉が乾燥していて咳が出る方は

水分補給を意識してみてください。

 

 

 

痰に関しても同じように、

風邪はもちろんですが、

ホコリや煙が原因のことがあります。

 

 

 

長期間続いている場合は

特にその可能性がありますね。

 

 

 

これは咳の対策としても使えますが、

マスクを使って喉を保護して

あげると改善することもあります。

 

 

また、

あまりに長期間続いていると、

場合によっては気管支炎や喘息の場合もあります。

 

 

 

 

喘息は風邪が原因の咳をきっかけになる

場合もありますので、

風邪と思って咳や痰を放置するのはよくありません。

 

 

 

風邪をひいている最中はもちろんですが、

咳や痰が長期間続いている場合は、

病院に行くなどの対策も必要です。

 

 

 

痰や咳が治らない!解決法とは?

 

 

咳や痰が治らない、

でも気にせず生活しているという方も多いです。

 

 

 

 

どうせ風邪が

長引いているだけと考える人が少なくないからですね

 

 

 

ですが、

日常生活で常に咳をしていたり

痰が絡んでいては喋りにくいです。

 

 

 

さらには、

あまり咳をしすぎてしまうと

喉を傷めてしまうこともあります。

 

 

 

ですので、

日常生活の中で改善することも大切です。

 

 

 

咳や痰は意外と簡単に

生活の中で対策することができるんですよ。

 

 

 

 

一番いい方法はマスクをすることです。

 

 

 

 

喉が乾燥しているとどうしても咳や出やすいですし、

乾燥した状態はまた風邪をひきやすい状態でもあります。

 

 

 

 

喉を潤った状態にしておくために、

マスクをすることで咳が出にくい状態を作りましょう。

 

 

 

また、

人がたくさんいるところでマスクなしで

咳をするのはマナー的にも気になります。

 

 

 

 

 

そういった意味からも

マスクはした方がいいですね。

 

 

 

もう一つ改善する方法として、

生活習慣を改善して過労を防ぐことです。

 

 

 

咳が治らない間に次の風邪をひいてしまっては、

症状がさらに悪化してしまいます。

 

 

 

 

また、

生活習慣の乱れから咳や痰が治らないこともあるんです。

 

 

 

そして、

仕事などで過労が続いている場合、

免疫力が下がって咳が長続きしていることもあります。

 

 

 

 

毎日の生活の乱れを正して、

咳を直せる体を作ることも大切です。

 

 

 

基本的には風邪が原因ですので、

風邪を引きにくい環境作りや

生活を意識することが大切ですね。

 

 

 

最後のポイントは、

室温や湿度に気を付けることです。

 

 

 

咳や痰は部屋が乾燥している状態、

そして室温が適温でない場合にも出やすいです。

 

 

 

特に、

乾燥していると菌に刺激

されて咳が出やすくなります。

 

 

 

湿度は60%程度、室温は20度から25度ほどに

調整して、咳が出にくい部屋の状態を作ってあげましょう。

 

 

 

まとめ

 

 

 

今回のことをまとめると、

 

 

 

 

・咳や痰の原因はほとんどが風邪
・喉が潤いを保てる環境を作ることが大切
・あまりに治らない場合は病院で診てもらう

 

 

 

 

になります。

 

 

 

 

咳や痰は症状として身近なので、

あまり意識しない方も少なくありません。

 

 

 

ですが、

長引いたり悪化すると体力を消耗する症状ですし、

風邪ではない場合は他の病気のサインのこともあります。

 

 

 

ですので、

風邪が原因の咳の場合はすぐに

対策して治すことが大切ですし、

あまりに長引く場合は病院で診てもらうことも大切です。

 

 

 

私も風邪が原因で咳が長引くと、

部屋の湿度調整やマスクをするなどの対策をしています。

 

 

 

意外とそういった毎日の対策で治ったりするので、

予防や対策は侮れませんよ。

 

 

咳や痰が止まらずに困っている方は、

生活習慣や部屋の湿度などに気を付けてみてください。

カテゴリ:その他 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ