育休を延長する時のベストな理由とは?お勧めの理由を教えます!

目安時間:約 10分

仕事をしながら子育てをするのはなかなか大変なので、

最近は育休を使う人も増えてきました。

 

 

会社側も育休を使うことに前向きな姿勢ですので、

育休を使いやすい環境にもなってきました。

 

 

 

ですが、

通常の育休期間だとどうして足りない場合は、

育休を延長したいですよね。

 

 

 

実際私も育休を延長しましたし、

通常の期間では足りませんでした。

 

 

やはり期間が長いとゆとりもあるので子育ても楽になります。

 

 

 

そこで、

今回は育休の延長について紹介していきます。

 

 

 

 

育休の延長する時の注意点やダメな理由

 

仕事と家事、

そして育児をすべてこなすのはなかなか難しいです。

 

 

 

 

特に子どもが小さいうちの育児は、

手が離せないので他のことをやる余裕はなかなかありません。

 

 

 

そこで大切になってくるのが育児休暇ですが、

育児休暇は基本的に1年と決まっています。

 

 

 

ですので、

最大でも子どもが1歳になるまでの休みになりますが、

場合によってはこれを延長することができます。

 

 

 

育休を延長すれば子育ても楽になりますし、

しっかり大きくなってから仕事に復帰できるので助かることばかりです。

 

 

ですが、

なにもしないで育休を延長することはできません。

 

 

 

1年が基本になりますので、

延長申請を出しても理由によっては受理されないことがあります。

 

 

 

ただ育休が欲しい、

もう1年休みたいと考えていてもそれは理由にならず、

延長することはできないんです。

 

 

 

子どもが1歳でまだ不安だから、

今仕事を始めたら生活が大変になるからなどの理由だと弱く、

育休を取ることができません。

 

 

 

確かにもう1年延長して最大2年まで育休を取ることができますし、

それを活用されている方もいますが、

それにはやむを得ない事情が必要になります。

 

 

ですので、

なんとなく子育てが大変になりそうだからなどの理由だと延長はできません。

 

 

 

これについて意外と知らない方が多く、

延長できるということだけを知っていて、

実はきちんとした理由がないのに育休を延長仕様とする方がいます。

 

 

 

 

私自身、

育休を延長する際に改めて調べましたが、

延長が受理されないことがあるという事実は知りませんでした。

 

 

 

具体的に育休が延長できる理由として、

保育園に通えない場合、

入園希望を出した際に入れない場合は延長することができます。

 

 

 

他には、

事故などで子育てすることも難しい場合などには、

育休を延長することができます。

 

 

 

やむを得ない事情がない場合を除いて、

原則としては1年が育休機関になりますので、

もし育休が簡単にできると考えている方がいたら、

延長ができるのかどうかを確認してみた方がいいですね。

 

 

 

育休の延長をする時はこの方法を使え!

 

 

仕事をしてるとどうしても子育てが大変になります。

 

 

特に子どもが赤ちゃんの時はずっとついていなくてはいけないので、

仕事をしながら赤ちゃんを育てるのはかなり難しいです。

 

 

 

そこで必要な育休になるわけですが、

大体の人が原則の1年だけでは足りないことがあります。

 

 

また、

もう少しじっくり子育てをするために時間が欲しい、

色々な理由から1年で足りなく感じてしまうことが多いです。

 

 

 

ですが、

育休は自分が取りたいかどうかではなく、

申請を出してそれが通らなければ育休を取ることができません。

 

 

 

育休は取れるならできるだけ長く取りたいですよね。

 

 

 

そこでオススメの方法としてが、

人気でなかなか入れない保育園に入園希望を出すことです。

 

 

 

育休延長の申請が通る条件の一つとして、

認定保育園に入れない場合というものがあります。

 

 

保育園に入れなければ家で子どもを育てなくてはいけないので、

仕事と両立して子育てを継続していくことは難しくなります。

 

 

 

入りたい保育園に入園希望を出しても入れない場合、

普通は違う保育園に入園希望を出しますよね。

 

 

ですが、

人気でなかなか入れないような保育園にあえて希望を出して、

保育園に入れなかったと申請することで、

申請を通して育休を延長することができます。

 

 

地方であればなかなか人気の保育園もないので難しい方法ではありますが、

都心であれば人気の保育園がたくさんありますので、

簡単に育休延長をすることができます。

 

 

 

ただし気を付けなくてはいけないのが、

確実に入園できない保育園を選択しないと、

入園できてしまった場合はもちろん育休を延長することができません。

 

 

 

 

育休をどうしても取りたくてこの方法を使う場合は、

育休を確実にできるような保育園を選ぶことをお勧めします。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

今回のことをまとめると、

 

 

 

 

・育休は原則1年
・理由がなければ育休を延長することができない
・人気の保育園をあえて選ぶことで、育休の理由を作ることができる

 

 

 

になります。

 

 

 

育休は子育てに専念するためのものですので、

自分の子どもの子育てに専念したい人は積極的に取るべきものです。

 

 

 

保育園に入る年齢になれば、

仕事をしながら子育てをすることができますが、

家にずっといる最初の1年はどうしても育休がなくては難しいです。

 

 

ですが、

育休は原則として1年ですのでその点は気を付けなくてはいけません。

 

 

 

どうしても育休を延長したい場合、

入園がしにくい保育園に入園することで、

保育園に入れないという理由を作るのも一つの手段です。

 

 

もう1年育休が欲しいと考えている方はぜひやってみてください。

カテゴリ:その他 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ