ピノアイスおどるカフェモカのカロリー値段、販売期間を調査

目安時間:約 8分

 

一口サイズのアイスで有名なピノから、

新商品のピノ おどるカフェモカが期間限定での販売となります。

 

 

 

 

新商品の特徴としてエチオピア産モカコーヒーを使用した贅沢な一口アイスで、

カカオ感のあるセミスイートチョコでコーティングしたオリジナルアイスです。

 

 

 

 

見た目からしても美味しさが伝わりますし、

チョコとコーヒーとの相性も抜群です。

 

 

だけど、

ダイエット中の方はカロリーが気なる方も沢山いると思います。

 

 

 

 

美味しいものは例外なくカロリーが高い!

そんな声が聞こえてきそうです。

 

 

 

そこで今回はピノアイスおどるカフェモカのカロリーと

値段、販売期間も調査したいと思います。

 

 

 

是非とも参考にして下さい。

それではいきましょう!

 

 

 

 

 

 

ピノアイスおどるカフェモカのカロリーと値段を調査

 

ピノアイスおどるカフェモカのカロリーと値段を調査しました。

結論としては以下となります。

 

 

 

 

希望小売価格:140円(税別) 

内容量:10ml×6粒入り

カロリー:186キロカロリー(1粒で31カロリー)

 

 

 

価格としてはお手頃価格ですので、

いつでも気軽に購入できそうですね。

 

 

 

 

気になるカロリーは1箱186(6個)キロカロリーです。

186キロカロリーならケーキに比べたら、

そんなに高いカロリーではないので、1日あたりの摂取カロリー次第では

毎日食べても問題ありません。

 

 

 

 

ちなみにケーキの物にもよりますが、

平均的なカロリーは300キロカロリー~350キロカロリーぐらいです。

 

 

 

 

 

気になる方ならお風呂上がりに1個(36キロカロリー)だけ食べれば、

6日間楽しむこともできますし、

低カロリーで抑えることができますね。

 

 

 

 

 

さすがに36キロカロリー程度なら、

騒ぐほどのカロリーではありませんので、

安心して食べて頂いても大丈夫です。

 

 

 

 

または2粒食べて、3日間過ごす方法もありますし、

個数を分けて食べれば価格もカロリーも抑えられますね。

 

 

 

 

そんなわけで食べ方もあなた次第ですが、

調整できますね。

 

 

 

 

 

そんなに高いカロリーではありませんので、

あまり神経質になる必要はありません。

 

 

 

 

 

 

 

ピノアイスおどるカフェモカの販売期間を調査

 

新商品「ピノ おどるカフェモカ」の販売期間ですが、

9月28日~2021年3月頃までの期間限定販売となります。

 

 

 

 

地域限定ではなく全国で販売されます。

 

 

 

 

どうやら3月まで販売されるみたいですが、

正式に何日に終了するかは未定です。

 

 

 

 

もしかしたら早めに終了する可能性もあります。

気になる方は早めに食べてみるのも良いかもしれません。

 

 

 

 

 

このアイスは2種類のエチオピア産モカコーヒーを使用しているとのことで、

さらにチョコレートもコーティングされています。

 

 

 

 

コーヒーとチョコのおいしさを両方楽しめる

贅沢な一口アイスです。

 

 

 

 

スーパーやコンビニ等でいつでも、

気楽に購入できますが、限定商品ですので、

忘れないうちに食べてみることをお勧めします。

 

 

 

 

僕も近いうちにピノアイスを購入したいと思います。

個人的にはブラックコーヒーと一緒に頂きます。

 

 

 

 

甘い食べ物と甘くないコーヒーの組み合わせが、

個人的にはバランスが取れているので、

口に合いますね。

 

 

 

 

まとめ

 

ピノアイスおどるカフェモカのカロリー値段、販売期間を調査しました。

結論は以下の通りです。

 

 

 

 

希望小売価格:140円(税別) 

内容量:10ml×6粒入り

カロリー:186キロカロリー(1粒で31カロリー)

販売期間:9月28日~2021年3月頃まで

 

 

 

価格はお手頃価格ですので、

いつでも購入することができますね。

 

 

 

 

カロリーは比較的低めですので、

あまり神経質になる必要もありません。

 

 

 

 

販売期間は9月28日~2021年3月頃です。

もしかしたら早めに終了する可能性もあります。

気になる方は早めに食べてみるのも良いかもしれません。

 

 

 

 

カテゴリ:グルメ 

ページの先頭へ