有給を習得したい方!これさえ読めば解決!

目安時間:約 11分

 

有給を取りたくても仕事が忙しかったり、

周りが真面目過ぎて誰も休まないとなかなか

有給を申請するのは気が引けますよね。

 

 

 

私も空気ばかり読んでいた時期があったので、

毎年40日ぐらい溜まってしまうこともありました。

 

 

 

でも、有休を取ってリフレッシュしたいのが

働く人の本音だと思います。

 

 

 

そこで私が実際に有休を使った方法を本記事で

全てお伝えしたいと思います。

 

 

 

有給を同僚よりも沢山習得するにはこの方法がベスト!

 

みんなが休まないから、休めない!

仕事が忙しくて休めない!

 

 

 

理由は人によりますが、

以下の通り対応すればいいでしょう。

 

 

 

 

① 堂々と有休を申請する

 

 

 

この方法がまずは賢明なやり方です。

 

 

 

結局のところ誰も休まないなら、

堂々と休んじゃいましょう!

 

 

 

空気を読む⇒正義

 

 

 

 

そんなことはありません。

 

 

私も以前誰も休まない人ばかりで

困っていましたが、

有休をどうしても取りたかったで、

空気を読まずに申請を出したらOKを貰いました。

 

 

 

 

もちろん会社にもよりますが、

誰かが行動しないといつまでたっても現状はよくなりません。

 

 

 

有休は悪ではないし、

仕事の配慮を考えているなら、

必要以上に空気を読む必要はありません。

 

 

 

もしあなたが仕事が出来て、

説得力があるなら上司と一度話し合うのも良いかもしれません。

 

 

 

② 友人の結婚式と伝える

 

 

基本有休に理由は不要ですが、

それでも普段なかなか有休が取れない職場なら

理由をつけることで休ませてくれることもあります。

 

 

 

私も海外旅行に行きたく、

仕事が忙しかったのですが、

家族や友人の結婚式を理由にして、

有給申請したら2日間有休でOKとなりました。

 

 

ただし注意点があります。

 

 

この方法は毎回は使えませんので、

数年に1回もしくは新しい部署で使うとか、

考えながら調整する必要があります。

 

 

 

 

 

③ 有休の取れる部署に異動、又は転職する

 

 

①~②が通じない頭の固い上司なら、

何を言っても無駄です。

 

 

相手にするだけ時間の無駄ですので、

どうしても我慢できないなら、

転職するなり部署移動願を出しましょう!

 

 

 

同じ会社でも有休が取れる部署と

取れない部署があります。

 

 

 

私の会社も現場組は年に1日ぐらい。

本社組は全て消化していたので、

有休習得も格差が広がっております。

 

 

 

 

④ 当欠する

 

 

 

何が何でも有休を取りたい方限定ですが、

仕事が忙しくないのに上司が申請を認めない!

仕事で成果を出しても休ませてくれない!

転職も部署移動も嫌だ!

 

 

 

 

そんなあなたにはこれしかありません。

 

バカ正直者が損する!

 

 

 

まさにそうなんです。

 

 

少しせこいですが、

当日休みなら私の会社も例外なく有休になりました。

 

 

 

ですので、

真面目に休まない人が損するシステムです。

 

 

たまに体調不良で休むなら、

怪しまれなることもないですし、

言い方は悪いのですがサボっている人のほうが有休は取れていました。

 

 

 

個人的に頑張っている人に有休をどんどんと習得させるべきだと思いますが、

日本の社会は理不尽で真面目な人がバカをみますね。

 

 

あまり合理的じゃない考え方もできますね。

 

 

 

有休を何故申請しないの?その答えとは?

 

お金が貰えて休める!

 

 

 

普通に考えたら、

お得な休暇なのに何故多くの会社員が取らないのか?

 

結論を言うと以下の通りです。

 

 

 

 

・上司が休まないから申請できない

・周りが休まない

・仕事が本当に忙しい

・有休がないと言われた

・休んでもやることがない

・家に居場所がない

・諦めている

 

 

こんな理由が大半です!

 

 

その中でもトップクラスの理由は上司や周りが取らないから

空気を読んで休まない!

 

 

 

ようするに有休が

取りづらいということですね。

 

 

 

次に多いのが仕事が多い!

業務量が多ければ当然ですが休めません。

 

 

 

人の確保やダメな場合、

休みが取れる部署に異動もしくは転職するしかありません。

 

 

有休がない!とかはありえません。

会社が与えるのではなく法律で決まっているのですから、

有休がないと言っている会社は論外!

 

 

 

やることや居場所がないのは私的には個人的なことなんで

ここではあえて何も言いません(笑)

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

有給は権利ですので、

仕事に影響がないなら堂々と取りましょう!

 

 

 

上司が理解してくれないなら

部署移動か転職するしかありません。

 

 

最終兵器は当欠で無理やり有休にする!

 

 

そんな感じですね。

 

 

私は有休大好き人間ですので、

旅行やイベントがある時は有休で休むこともあります。

 

 

 

周りは仕事熱心?中には休まないことが男の美学だとか?

変わった人もいますが、そんな人は無視して、

どんどん休みましょう!

 

 

 

ハッキリ言いますと、

仕事だけが人生ではありません。

 

 

 

あなたの大好き趣味を没頭する為に有休で休んだり、

大切な人と楽しい時間を過ごすために有休を使ったり、

色々です。

 

 

 

有休が取れなくて悩んでいる方は本記事が少しでも

参考になれば私としても本当に嬉しいです。

 

 

 

 

カテゴリ:会社が辛いあなたへ 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ