70歳定年はいつから実施されるの?将来は恐ろしいことになるかも?

目安時間:約 7分

 

せっかく60歳で退職できたのにいきなり70歳に定年が変更される、

最近は定年退職の年齢を引き上げる流れに

なっていることからいきなりこうなるのを怖がる人もいます。

 

 

私の父も退職した際には今の会社を定年した

後はどうするか考え込んでいる時期もありました。

 

そんな定年退職70歳はいつ実施されるのかなどを

今回は紹介していきたいと思います。

 

70歳定年は実施されるのか?

 

高齢になってくると気になってくるのが定年です。

 

最近では高齢者の数が増えてきて福祉環境が圧迫されています。

ですが、最近の高齢者は以前の高齢者よりも

全然元気でまだ働けるという方がとても多いです。

そういった背景があるのか、

定年が引き上げられる方向性になってきています。

 

2019年現在では、高年齢者雇用安定法、

という法律の改正によって65歳までは

継続して働くことが原則可能になっています。

 

ですが、現状として今多いのは企業内に

定年制を導入していて、それが60歳までとなっていることが多いです。

 

 

ではこの65歳がさらに引き上げられて70歳定年は実施されるのか。

これはかなり現実的な話になってきていて、

遠くない未来に引き上げられるんじゃないかと思います。

 

 

というのも、最近では子供の数が減ってきていて

将来的にどんどん働いている世代の負担が増えてきます。

 

それに加えて高齢者が増えてくるので、

その負担を減らすために少しでも元気な高齢者には

働いてもらいたいという思惑があります。

 

 

もちろん、70歳までの人が働けるように法律的にしたとしても

現状のように退職する方も法的拘束がない場合は多いと思います。

 

今の働いている人を見ていても、65歳以上でも働くことは確かに可能ですが、

勤めている会社の定年退職が60歳だとそれ以上働く風潮が企業内にありませんし、

60歳から新しい職場を探して働くというのも現実的ではありません。

 

 

また、それくらいの年齢の人を雇い入れる環境も整っていないので、

実際に就職活動をしてもなかなか新しい会社に入ることができません。

 

 

ですので、70歳定年は実施されるとは思いますが、

まずは現状の60歳で定年退職するという流れを改善する必要がありますね。

 

 

ですので、定年が70歳に完全に移行するのは向こう10年はないんじゃないかと思います。

 

私の父も数年前に定年退職をしますが、その時の年齢も60歳でした。

 

父はまだまだ元気ではあったんですが、

それ以上会社にいても下の人が上がりにくくなってしまいます。

新しい人がどんどん入ってくる会社ならなおさら上の人は

退職しなくてはいけない流れになっていると話していました。

 

 

父自身はまだまだ働く意欲はあったんですが、

働き口もありませんでしたのでそのまま仕事からは引退してしまいましたね。

こんな現状を私自身目の当たりにしているので、

なかなか難しいのかなと感じています。

 

70歳まで働きたくない!定年前にリタイアする方法を暴露

 

仮に70歳まで働くという法律になったとき、

嬉しいと喜ぶ人もいれば逆に働く期間が10年も増えたと残念に思ってしまう人もいますよね。

 

 

私も実際60歳で退職するつもりが70歳前働くとなるのは嫌です(笑)

そんな人はどうしたらいいのかというと、

定年前にリタイアする方法を使うしかありません。

定年まで働かなくてはいけないイメージがありますが、

もちろんそんなことはありません。

 

もう十分働いたから余生を楽しみたいという方は

それも一つの人生の洗濯だと思いますし、私自身60歳で仕事を退職したいと思っています。

 

ではどうすればいいのか。

 

 

まず大切なことは自分はどの定年規定になるのかを確認することです。

 

 

自分が勤めている会社の定年はどれくらいなのかを確認し、

自分がまずいつ定年退職するのかを知っておきましょう。

今の若い世代であればまだわかりませんが、現在の流れのままだと

70歳までが定年となっても希望性になる可能性がとても高いです。

ですので、無理やり70歳まで働かされるということはないと思います。

希望する人はもっと働けますよという形なら60歳でも定年退職することは可能ですので

定年が近くなったら自分はいつまで働くのかを決めておくことも大切ですね。

 

 

 

まとめ

 

 

最近の高齢化問題は深刻でそれに伴って定年退職の年齢もよく話題に上がります。

 

 

ですが、今すぐに全員の定年が70代になることはありませんし、

希望制のままある程度の期間は進む流れなので心配はいらないと思います。

 

定年退職がいつになるかを気にするのも大切ですが、

それ以上に自分はいつまで働きたいか、

自分がいつまで仕事をするかについて見つめなおすことも大切ですね。

 

 

私の父も定年退職する際に色々考えていて、

新しい職場を探している時期もありました。

 

 

そういったことも事前に確認しておくのがおすすめです。

カテゴリ:会社が辛いあなたへ 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ