卒業式に母親がイヤリングは非常識なの?お勧めは?

目安時間:約 11分

 

 

子供の卒業式、

一番は子供が卒業する瞬間を見ることですが、

それとは別に気になるのが、参加する母親の服装マナーです。

 

 

 

 

特に悩んでしまうのがイヤリングです。

 

 

 

 

服装についてはフォーマルな恰好であれば

基本的には外しませんので、

スーツなどを着ていけば全く問題ありません。

 

 

 

ですが、

アクセサリー類は少し違います。

 

 

 

イヤリングなどは付けるとマナー違反ではないか、

わからないから付けていかないという方も少なくありません。

 

 

 

そこで、

今回は卒業式の母親、

イヤリングについて紹介していきます。

 

 

 

卒業式の身だしなみとして母親のイヤリングはマナー違反?

 

 

 

卒業式ともなればいつもの服装ではなく

フォーマルな恰好が定番です。

 

 

 

 

ですので、

それに合わせてアクセサリー選ぶ、

これは大切なことです。

 

 

 

ですが、もしかしたらイヤリングも含めて、

アクセサリー自体がだめなのではないか、

そう感じてしまう母親の方も少なくありません。

 

 

 

 

 

ではイヤリングはつけていってはマナー違反になるのか、

結論から言うとイヤリングを付けていっても問題ありません。

 

 

 

 

ですので、

付けていきたいイヤリングがある

場合は積極的に使っていきましょう。

 

 

 

 

私も卒業式ではありませんでしたが、

最初に子供が入学式に参加した時に、

イヤリングを付けて行かずに参加しました。

 

 

 

 

実際に参加してみると、

結構な方がアクセサリーも身に着けていらっしゃり、

そこで付けても大丈夫なんだと知ることができました。

 

 

 

 

それから卒業式などの場でも

アクセサリーを付けていくようにしています。

 

 

 

アクセサリーを選ぶ基準は様々ですが、

個人的なオススメとしては行事ごとに

ジャンルを分けてアクセサリーを持っておくことです。

 

 

 

 

 

例えば華やかな式であるならばダイヤモンドがついた派手なタイプ、

卒業式など明確に自分以外に主役がいる場合は

少し派手さを抑えたものを付けるようにしています。

 

 

 

 

イヤリングと一言に行ってもデザインが様々で、

それぞれの式によってふさわしい物が変わってきます。

 

 

 

 

 

それぞれの式ではこれを付けていくと大方決めておくと、

アクセサリー選びにも悩みませんし、

イヤリング選びにも困りません。

 

 

 

 

これから卒業式に参加する方、

卒業式でイヤリングはどうすればいいか

悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

卒業式に母親にお勧めなものは?

 

 

イヤリングは付けていい、

といってもじゃあどんなものを付ければいいか、

次はここが疑問に残ります。

 

 

 

 

イヤリングといっても色々なタイプがありますし、

付いている宝石も様々です。

 

 

 

卒業式のような場面ではなにがいいのか、

オススメはやはり真珠です。

 

 

 

 

 

 

真珠のアクセサリーはフォーマルな場面でよく用いられることがあり、

高級感がありながらも派手すぎないので使い勝手がとてもいいです。

 

 

 

 

では他のアクセサリーはダメなのかというと、

ダメではありませんが、

ふさわしくないと思われてしまう可能性がある物もあります。

 

 

 

 

例えばダイヤモンドが

付いているタイプです。

 

 

 

とても華やかで高級感があるので、

持っていれば付けていきたい気持ちになりますが、

ダイヤモンドは少し派手すぎる印象を周りに与えてしまいます。

 

 

 

 

 

それが自分が主役であったり、

メインで参加している式であれば全く問題ありません。

 

 

 

 

ですが、

卒業式は違います。

 

 

 

卒業式はあくまで子供が主役であり、

母親が主役の式ではありません。

 

 

 

それなのに自分が目立ちすぎてしまうと、

周りに与える印象もよくありませんし、

式に参加する態度してもよくありません。

 

 

 

 

 

今回はダイヤモンドを例に挙げましたが、

このような輝きのある派手な

タイプは避けることをお勧めします。

 

 

 

 

 

控えめなものであればゴールドを使ったイヤリングでもいいですし

ブラックパールなんかもシックにまとまって、

とてもいいイヤリングです。

 

 

 

 

私自身は定番が好きなので、

パールが使われているイヤリングを使うことがよくあります。

 

 

 

しっかり輝きがありながらも目立ちすぎず、

なにより卒業式以外でも使えるのがいいですね。

 

 

 

卒業式での活躍はもちろん、

それ以外の場面でも使えるため汎用性が高いです。

気に入っているイヤリングがあればもちろんそちらでも大丈夫です。

 

 

 

 

ただし、

なにを付けていくか悩んでいる、

派手すぎるイヤリングしか持っていないので、

なにを付けていけばいいか参考にしたいという方には、

パールのイヤリングをお勧めしますよ。

 

 

 

 

まとめ

 

 

今回のことをまとめると、

 

 

・派手すぎるアクセサリーはNG
・パールのイヤリングが無難
・式に合ったものであればそれ以外の物でも大丈夫

 

 

 

になります。

 

 

 

 

イヤリング自体付けても大丈夫なのか

心配される方も少なくありませんが、

そこに関しては問題ありません。

 

 

 

 

大切なことは、

どんなイヤリングを付けていくかになります。

 

 

 

 

イヤリングによっては派手すぎて目立ってしまうものもありますし、

式に合ってないものもあります。

 

 

 

 

ですので、そういった考慮をしたうえで、

イヤリングを選ぶ必要がありますね。

 

 

 

 

どんなイヤリングにすればいいか悩んでしまう場合は、

パールのイヤリングがフォーマルな場面でも

活躍するのでおすすめです。

 

 

 

イヤリング選びに困っている方はぜひ参考にしてみてください。

カテゴリ:入学式と卒業式関係 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ