1歳児の子供の夜泣きに悩んでいませんか?解決法を公開中!

目安時間:約 12分

赤ちゃんを育てていくというのは色々な大変さがあります。

 

 

 

その大変さの中でも、

親御さんなら誰もが経験していると思いますが、

特に夜泣きはかなり大変ですよね。

 

 

 

 

突然夜泣き始めてそれに対応しなくてはいけない、

赤ちゃんの子育てをしている親であれば

誰もが大変に感じるポイントです。

 

 

 

 

赤ちゃんだから夜泣きをする、

そういう決め付け方をしている方も多いですが、

実は1歳児の赤ちゃんが夜泣きをするのには理由があります。

 

 

 

 

そこで、

今回は1歳児の子供の夜泣きについて紹介していきます。

 

1歳児の子供が泣く理由とは?

 

 

 

夜になるとどうしても泣いてしまう、

1歳児の子供を持っている親なら誰しもが体験したことがある夜泣き。

 

 

 

 

子供の世話をしなくてはいけないことは当然ですが、

それでも何回も夜泣きをされると滅入ってしまいます。

 

 

 

 

 

そんな夜泣きですが、

1歳児の子供はなぜ夜泣きをしてしまうんでしょうか。

 

 

 

 

対応することに精一杯で意外な原因に気づかない人も沢山います。

 

 

 

 

 

ですが、

夜泣きを改善するためにもこの理由を知っておく必要があります。

 

 

 

 

夜泣きには様々な原因がありますが、

一番大きいとされている原因の一つが寝不足です。

 

 

 

ここで疑問に思われる方も少なくありません。

 

 

 

というのも、

赤ちゃんは暇さえあれば寝ているため、

なかなか寝不足になると思われないからです。

 

 

 

 

ではなぜ寝不足が原因かと言うと、

赤ちゃんの生活リズムが崩れてしまい、

夜に寝れない寝不足になってしまうという悪循環に入ることです。

 

 

 

 

 

赤ちゃんの生活スタイルとして、

お昼もご飯を食べた後などは寝ることが多く、

そういった睡眠は成長するために必要不可欠です。

 

 

 

 

 

ですが、

ここでする昼寝はしすぎてしまっても問題です。

 

 

 

 

昼寝をしすぎてしまうと眠気がなくなってしまい、

夜規則正しい時間に寝ることができなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

私の子供も当時寝不足で夜寝れないという悪循環に入ってしまい、

何度も夜泣きで起こされた経験があります。

 

 

 

 

 

赤ちゃんは夜泣きをするもの、これは間違っていないのですが

生活リズムが崩れてしまっている事が一つの原因の可能性もあります。

 

 

 

 

自分の子供が1日どれぐらい寝ているかを把握して、

夜の睡眠以外のお昼寝などを入れすぎないように調節してあげましょう。

 

 

 

 

そしてもう一つの大きな原因がストレスです。

 

 

 

赤ちゃんはいろいろなことでストレスを感じてしまい、

その結果として夜寝れなくなってしまうことも多いです。

 

 

 

 

 

例えば、行ったことのない場所へ外出したり、

長い時間行動を共にして疲れさせてしまったりする場合、

赤ちゃんがストレスをためこんでしまいます。

 

 

 

 

ストレスを溜め込んでしまうことによって、

それが原因で眠れなくなって

夜泣きをしてしまうこともありますので、

 

 

寝かしつける際には一緒についてあたり

マッサージをしてあげることをして、

ストレスを軽減させてあげることが大切です。

 

 

 

 

1歳児の子供を夜静かに眠らせる方法!これで解決!

 

1歳児の子供を寝かしつける上で大切なことは、

夜静かに寝てもらうことです。

 

 

 

 

夜寝ることは子どもの成長のためにはもちろん、

親の精神衛生上のためにも寝てもらうことが一番です。

 

 

 

 

 

 

先ほども紹介したように、

この年代の赤ちゃんが夜泣きをする理由としては、

ストレスや生活リズムにあります。

 

 

 

 

 

 

生活リズムが崩れたり、

赤ちゃんが感じるストレスが睡眠不足につながって

それが夜泣きになってしまうというわけです。

 

 

 

 

ではまず赤ちゃんの生活リズムを直す必要がありますよね。

 

 

 

 

ここで私が実践していた方法としてオススメなのが、掃除や皿洗い、

テレビを見ることときの音を静かにしすぎないということです。

 

 

 

 

家事をしているとどうしても音が出てしまいますよね。

 

 

 

 

子供が寝ているからと静かにしてしまう方が多いですが、

それだといつまでたってもお昼寝を止めません。

 

 

 

そこで、

掃除機や皿洗いの音、

テレビを見ている音などを少し静かにする程度であまり静かにしすぎず、

赤ちゃんのことを気にしすぎないで音を鳴らすことが大切です。

 

 

 

 

 

 

そうすることで、赤ちゃんが適当な時間に起きてくれますので、

昼寝をしすぎることなく生活リズムを保つことができます。

 

 

 

 

私の場合だと特に、お昼時に見たいテレビが多かったり

録画した番組を見ることが多かったので、

この時にあまりテレビの音を小さくしすぎないで、

子供が眠りすぎないようにしていました。

 

 

 

 

 

意外ですが、

それだけでも夜にきちんと寝てくれるようになるので、

おすすめの方法です。

 

 

 

 

ストレスに関しては、

マッサージが赤ちゃんとのスキンシップが大切です。

 

 

 

 

 

特にママとのスキンシップは赤ちゃんにとって

計り知れないリラックス効果がありますので、

毎日のスキンシップを大切にしてあげましょう。

 

 

 

 

特に寝る前にスキンシップを取ってあげると、

安心して眠ってくれるのでそういった気遣いをしてみてください。

 

 

 

 

 

また、

これら以外が原因で夜泣きをしてしまう場合があります。

 

 

 

 

 

それは、

オムツを替えて欲しかったり

風邪を引いていたりといったことが

原因になってきます。

 

 

 

 

 

 

ストレスや睡眠不足で夜泣きをしていないのであれば、

そういった原因が多くなってきますので対処もしやすくなります。

 

 

 

 

 

ストレスや生活リズム改善しているのであれば、

夜泣きの原因はそういったところにあるかもしれませんので、

体調管理等にも気を配ってあげてください。

 

 

 

まとめ

 

 

今回のことをまとめると、

 

 

・夜の睡眠不足が夜泣きの原因
・ストレスから夜寝れなくなることも
・風邪などが夜泣きの原因の場合もある
・昼間あまり寝かせないようにさせる

 

 

 

 

になります。

 

 

 

夜泣きは何かしらの原因があってしているものになりますので、

まずは生活リズムやストレスから、

そうでなければ風邪などに気をつけてみてください。

カテゴリ:子育て 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ