バレンタインのメッセージの例文は?彼氏がほしい方は必見

目安時間:約 10分

 

一年の中でも特別男性にアタックできる日のバレンタイン。

 

 

いつもは積極的になれない方も、

バレンタインをきっかけにする方も少なくありません。

 

 

 

そんなバレンタインですが、

定番のはチョコレートを渡すことですが、

それ以外にもメッセージを送ることもよくありますよね。

 

 

このメッセージ一つで

彼氏ができるかできないかが決まることもあります。

 

 

 

せっかくなら意中の人に思いをぶつけて、

彼氏をゲットしたいですよね。

 

 

そこで、
今回はバレンタインのメッセージについて紹介していきます。

 

 

バレンタインに送るメッセージとは?例文付き!

 

本命のチョコを相手にあげるとき、

チョコだけを上げても相手に気持ちが伝わらないことがあります。

 

 

 

バレンタイン関係なく、

そもそもいい雰囲気の間柄であれば、

チョコレートを上げるだけで関係がうまくいくことはあります。

 

 

 

ですが、告白をする、

またはそれに近いことをバレンタインでしたい場合は、

チョコと一緒に送るメッセージが大切です。

 

 

 

メッセージに何を書いているかで、

相手が彼氏になってくれるか、

うまくいくかが決まってしまうんです。

 

 

 

それくらいメッセージは大切なんです。

そんなメッセージですが、

まず大切なことは何に書くかです。

 

 

相手に気持ちを伝えるときは理屈じゃないので、

できれば手書きのメッセージカードなどがあればいいですね。

 

 

相手の名前を書き、手書きで自分の気持ちを書くと、

相手に気持ちが伝わりやすいですよ。

 

 

 

メッセージカードのサイズにもよりますが、

小さめであれば簡潔に、

長めであれば少し自分の思いのたけをのせるくらいでも大丈夫ですね。

 

 

小さめのメッセージカードでももちろんいいですし、

バレンタインをきっかけにラブレターを渡すのも悪くありませんね。

 

 

そういった場合は、

少し長めの方がオススメです。

 

 

では、

具体的にどんなことをメッセージカードに書けばいいか悩みますよね。

 

そこで例文を2つほど紹介していきます。

 

 

 

・来年ももらってくれたら嬉しいです

 

 

これはかなり男性は弱い一言ですね。

 

 

来年も上げるということは、

来年も今までかそれ以上の関係性でいるということです。

 

 

 

渡し方にもよりますが、

これはかなり相手に気持ちを伝えられるのでお勧めです。

 

 

 

・○○君のこういうところが好きです

 

 

相手のどんなところが好きなのかを

メッセージカードに書くのも効果的ですね。

 

 

 

相手が好かれていると実感しやすい文章になると、

気持ちが伝わりやすくなります。

 

 

 

メッセージを書いているときはかなり恥ずかしいかもしれませんが、

それくらいストレートに言うことも時には大切です。

 

 

直接言いにくいからこそ、

こういったメッセージカードを活用していくと、

上手に気持ちを伝えることができますよ。

 

 

 

バレンタインのメッセージも大切!でも、それ以上に大事なことは?

 

 

バレンタインに渡すメッセージはとても大切です。

 

チョコを渡すだけだと、

どうしてもそれが本命かどうかわかりにくいです。

 

 

 

ですので、

わかりやすいようにメッセージを渡す、

これはとても効果的になります。

 

 

ですが、

ここで大切なことはメッセージを書く、

チョコを渡すこと自体が目的になってはいけないということです。

 

 

自分の気持ちを伝えるために、

バレンタインを使ってメッセージカードを渡すのが目的です。

 

 

 

ですので、チョコはもちろんメッセージもですが、

自分の気持ちがこもっていることが大切です。

 

 

 

手書きで一生懸命書いたり、

チョコを一生懸命作ったりと、

そこにあるストーリーが相手の心を動かしてくれます。

 

 

もちろんどんな言葉を使うのかなどはとても大切です。

 

 

 

言葉選びで相手へ与える印象は変わってしまいます。

 

 

ですが、それ以上に自分の気持ちがこもっているか、

相手のためを思って作ったかがとても大切です。

 

バレンタインは1年に1度しか来ません。

 

 

 

来年もバレンタインを渡せる関係性であるかはわからないので、

もし気になる相手に気持ちを伝えたいのであれば、

きちんと気持ちを込めて伝えるようにしましょう。

 

 

というのも、

私も実際にバレンタインに何度かメッセージを送ったことがありますが、

友達としての関係性が強すぎて気持ちが伝わらなかったことがあります。

 

 

もちろん二人の間からによっても変わってくるので、

メッセージを渡すだけでも気持ちが伝わる場合もあります。

 

 

ですが、

自分の本気度が足りないばかりに相手に伝わらないのはもったいないです。

 

 

メッセージの内容も大切ですが、

自分の気持ちを込めて作ることが一番大切ですので、

そこを意識してメッセージを書いてみてください。

 

 

 

まとめ

 

 

今回のことをまとめると、

 

 

・メッセージを書く際には分かりやすく長すぎない
・手紙を書く場合は長くても大丈夫
・体裁ばかりを気にせず、自分の気持ちを伝えることを優先する

 

 

になります。

 

 

 

どうしてもメッセージを書く時、

体裁や一般的にこれなら成功しやすいなどを意識してしまいます。

 

 

 

ですが、

一番大切なことは自分の気持ちを伝えきっているかどうかです。

 

 

 

自分が気持ちを込めて書いているかが大切なので、

バレンタインにメッセージを送る際は、

書くコツを意識しつつ、

しっかり自分の気持ちが伝わるように書きましょう。

 

 

 

 

カテゴリ:恋愛 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ