沖縄のさとうきび畑が見頃な時期は?さとうきびが食べれる場所は?

目安時間:約 10分

沖縄には様々な観光名所がありますが、

その中でも昔から有名なものといえば、

さとうきび畑です。

 

 

さとうきび自体沖縄以外ではなかなか見ることができませんし、

さとうきび畑ともなれば尚更見ることはできません。

 

 

 

ですので、

沖縄に観光に行く際はぜひ見ておきたい観光スポットですが、

見るためには見頃の時期を知っておく必要があります。

 

 

 

 

せっかくさとうきび畑を見るために観光に行っても、

見頃でなくては綺麗なさとうきび畑をみることができません。

 

 

 

 

そこで、

今回は沖縄のさとうきび畑について紹介していきます。

 

 

 

沖縄のさとうきび畑ベストシーズン

 

 

さとうきび畑を見るためにはまず、

畑のベストシーズンを知っておく必要があります。

 

 

 

さとうきび畑はいつ頃が旬なのかというと、

収穫時期が1月から3月になります。

 

 

 

さとうきびと聞くと夏のイメージを持つ方が多いので、

意外と勘違いされる方が多いですが

成長しきったさとうきびを見るためには

1月から3月に訪れる必要があります。

 

 

 

寒い冬を温かい沖縄で過ごしたい方は、

この時期に旅行に行くと冬を越すことができ、

さらにさとうきび畑を見ることができます。

 

 

 

 

また、

もう少し後の6月くらいもさとうきび畑を見ることができます。

 

 

 

 

短い成長途中のサトウキビが風に

揺られている様子を見ることができます。

 

 

 

歌などに使われているサトウキビは

こちらのことが多いですね。

 

 

 

ですので、

収穫されて少し経過したサトウキビもいいものですよ。

 

 

 

 

さとうきび畑は時期によって色々な顔がありますので、

自分の見たいさとうきび畑の時期に観光に行くことをお勧めします。

 

 

 

 

私も沖縄にさとうきび畑を見に行きましたが、

私は風になびくさとうきび畑を見てみたかったので、

6月に旅行に行きました

 

 

 

天気もよく綺麗なさとうきび畑を

見れたのでとてもいい思い出になりましたし、

この時期のさとうきび畑はおすすめできる沖縄の景色の一つです。

 

 

 

沖縄のさとうきびが美味しく食べれる場所は?

 

さとうきび畑は景色としても綺麗ですが、

食べてもおいしいのがさとうきびです。

 

 

 

しかも食べ方が様々あり、

沖縄の色々な場所で食べることができます。

 

 

 

 

一番簡単に食べる方法は、

サトウキビをそのままかじる食べ方です。

 

 

 

 

または、

さとうきびを絞ってジュースにして飲むこともできます。

 

 

 

定番のさとうきびの味を楽しむ方法はこの二つですね。

 

 

 

この二つであれば比較的どこでも食べることや飲むことができ、

市場や道の駅でもサトウキビを購入することができます。

 

 

 

道の駅などはさとうきびを

そのまま購入することができますが、

頼めば皮を向いてくれますので、

その場で食べることができます。

 

 

 

そのまま食べることに抵抗感がない方は、

これでも十分楽しむことができますね。

 

 

 

他においしく食べられる場所としては、

さとうきびの収穫体験ができる場所で食べるのもオススメです。

 

 

 

 

オススメの場所としては、琉球村がいいですね。

 

 

 

1500円でさとうきびを収穫体験することができ、

その後に沖縄風パンケーキとさとうきびアイス

を食べることができます。

 

 

 

パンケーキにも黒糖の風味が入っていて、

もちろんこの黒糖もさとうきびから作られています。

 

 

 

さとうきびから作られる黒糖は

沖縄旅行のお土産にもなりますし、

もちろん現地で食べてもとてもおいしいです。

 

 

 

 

さとうきびは楽しみ方が様々で、

そのままかじったりジュースにすることもできますし、

料理にも使うことができます。

 

 

 

私が沖縄旅行に行った際も、

せっかくだからとさとうきび収穫体験をしました。

 

 

 

 

収穫体験自体もそこまで長いプランではなく、

大体1時間半で終わるので気軽に行くことができます。

 

 

 

そして、

収穫した後に食べるサトウキビの料理はとてもおいしかったです。

 

 

 

 

サトウキビは他の砂糖にはない美味しさがありますし

沖縄の風土も相まって観光をさらに楽しむことができました。

 

 

 

収穫した場所だけでなく、

さとうきびを絞ったジュースや黒糖も食べましたが、

どれもおいしかったです。

 

 

 

 

ジュースや黒糖はお土産屋さんや道の駅で

たべることができるので、

気軽に味わえるのもさとうきびのいいところでしたね。

 

 

 

沖縄にはそういった料理やお土産がたくさんありますので、

さとうきびの商品は見つけたらぜひ食べてみてください。

 

 

以下も参考となる記事です。

 

おいしいさとうきびを食べれる場所とは?

 

 

 

 

まとめ

 

 

今回のことをまとめると、

 

 

・さとうきび畑はシーズンによって楽しめる景色が違う
・さとうきび自体は沖縄のどこでも売っている
・収穫体験の場所でもさとうきびを使った料理が食べられる

 

 

 

になります。

 

 

 

沖縄でしか味わえないさとうきび、

甘く食べやすいですし、

色々な場所で売られているので

旅行中に気軽に食べることができます。

 

 

 

 

また、

さとうきびをメインに扱っているところもありますし、

さとうきび収穫体験ができる場所では、

さとうきびの料理を食べることもできます。

 

 

 

さとうきびは見て楽しむこともできますし、

食べて楽しむこともできる沖縄旅行を代表するものの一つです。

 

 

 

 

沖縄でしかほとんど見れないさとうきび、

ぜひ旅行に行った際は堪能してみてください。

カテゴリ:旅行関係 

ページの先頭へ