クリスマスチキンの由来!誰でも簡単に分かるように解説

目安時間:約 11分

 

クリスマスに欠かせない食べ物はたくさんありますが、

その中でもアニメやドラマ、

もちろん実際の食卓でも並ぶのがクリスマスチキンです。

 

 

 

クリスマスの特別な食卓ではチキンを並べる、

定番の食事ではありますがそもそも

なぜクリスマスチキンが食べられるようになったでしょうか。

 

 

 

 

毎年食べているクリスマスチキンでも

意外とこの由来を知らない方は多いです。

 

 

 

 

ですが

せっかく毎年食べるのであれば由来も知った上で食べたいですよね。

 

 

 

 

そこで今回はクリスマスチキンの由来について解説していきます。

 

 

 

 

 

クリスマスチキンの由来!超簡単!子供でも分かるように解説

 

 

クリスマスにチキンを食べる、

定番の行事になっていますし

毎年楽しみにしているお子さんもたくさんいます。

 

 

 

 

 

ですがこのクリスマスチキンの

由来について知っている方は意外と少ないです。

 

 

 

 

 

そもそもこのクリスマスチキンは何が発祥かと言うと、

アメリカの七面鳥の料理に由来します。

 

 

 

 

アメリカはめでたい食卓の歯によく七面鳥、

ターキーと呼ばれることもありますが

こちらの料理が並ぶことが多いです。

 

 

 

日本のようにクリスマスだけチキンというわけではなく、

他の祝日などにもよく食べられる料理になります。

 

 

 

 

 

何かに感謝する、

そういった場面で七面鳥の料理はアメリカで欠かせない

存在となっているというわけです。

 

 

 

 

 

ではそれがなぜ日本で食べられるようになったかと言うと、

これにもきちんとした理由があります。

 

 

 

 

 

 

そもそも日本でクリスマスという

イベントが入ってきたのは明治維新以降、

海外の文化が日本に入ってきてからになります。

 

 

 

 

 

ですのでクリスマスという

イベント自体も日本では意外と新しいものになるんです。

 

 

 

 

 

その話の流れからいくと、

日本でも七面鳥を食べる文化になりそうですが、

 

 

 

日本には七面鳥を食べる文化がそもそもなく、

しかも高価な食材なので

あまり食卓に並ぶことがありませんでした。

 

 

 

 

 

ですので以前までは

クリスマスにチキンを食べるという文化はありませんでしたが、

チキンで有名なケンタッキーフライドチキンが

このチキンを食べる文化を作ったんです。

 

 

 

 

今でも冬になるとケンタッキーフライドチキンの

CM がよく流れますが、クリスマスにはチキンを

食べるという宣伝の仕方をすることによって、

クリスマスはチキンというイメージがついたんです。

 

 

 

 

 

ですので、文化的にクリスマスチキンが伝わってきたというよりは、

ケンタッキーフライドチキンの宣伝によってこの文化ができたんです。

 

 

 

 

もちろんアメリカでもクリスマスになると

七面鳥料理は出てきますが、

日本はそういった宣伝効果によって

クリスマスにチキンを食べるイベントができました。

 

 

 

 

知らない方は意外な事実と感じるかもしれませんので、

知識として覚えておくといいですね。

 

 

 

クリスマスチキンの美味しい食べ方!誰でも簡単に作れます!

 

 

 

クリスマスになればクリスマスチキンを食べる、

先ほど紹介したような由来ではありますが、

やっぱり食べたくなりますよね。

 

 

 

 

 

クリスマスチキンは作るのが面倒だから買ってくる、

実はクリスマスチキンは意外と家でも簡単に作ることができます。

 

 

 

 

 

 

私も買ってくることもありますが、

自分で作れるようになってからはクリスマスは

もちろんそれ以外の日でもたまに作ったりします。

 

 

 

 

 

肉さえ用意すればある程度簡単に出来ますので、

自分で作れるようになればいつでも手軽に

クリスマスチキンを楽しめるようになりますよ。

 

 

 

 

 

 

そこで今回はクリスマスチキンの

簡単な作り方を紹介していきます。

 

 

 

 

 

・アツアツに熱したフライパンに油をしき、

 鶏もも肉を入れて蓋をします。

 この時蓋をした時に火を弱火に変えます。

 

 

 

 

・10分程度焼き上げて中の肉をひっくり返します。

 

 

・その後は5分程度焼き上げてから、

 みりん50cc、 醤油50cc、 砂糖大さじ2杯で

 タレを作り、そのタレをかけて少し煮込めば完成です。

 

 

 

 

 

このやり方だととても簡単にできますし、

フライパンひとつで出来ますので

どのご家庭でも作ることができます。

 

 

 

 

コツとしては最初にフライパンを熱くしておくことが大切ですので、

煙が出るギリギリくらいの温度まで

フライパンを熱してから鶏もも肉を入れてください。

 

 

 

 

これくらい簡単なのでクリスマスチキンにはもちろんですが、

それ以外の時期にも手軽に作ることができます。

 

 

 

 

 

 

私はクリスマスはもちろん誕生日の

イベントの時も食べたければ作りますよ。

 

 

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

今回のことをまとめると、

 

 

・クリスマスチキンは七面鳥を食べるアメリカの文化が由来
・ケンタッキー・フライド・チキンがクリスマスに食べる文化を広めた
・クリスマスチキンは家でも簡単に作ることができる

 

 

 

になります。

 

 

 

クリスマスに毎年食べられているチキンですが、

ケンタッキーフライドチキンが広めた

という意外な理由がその由来でした。

 

 

 

クリスマス定番の行事と思われがちですが、

意外とこういった理由があったりするんですね。

 

 

 

 

またそのクリスマスチキンですが、

家でも簡単にできるレシピがたくさんありますし、

もっと美味しくしようと思えば様々なレシピがありますので、

ぜひご自宅で実践してみてください。

 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ