ハロウィンの英語のスペル(つづり)とは何?誰でもわかるよ うに解説!

目安時間:約 10分

 

最近では日本でも大切に

扱われるようになっているハロウィン。

 

この時期になるとコスプレをした人が

街にたくさん出没しますよね。

 

 

そんなハロウィンですが、

日本でもメジャーなイベントであるにもかかわらず、

英語のスペルがわからない方が少なくありません。

 

 

そこで、ハロウィンの英語の

スペルなどについて紹介していきます。

 

 

ハロウィンの英語のスペルとは?

 

日本でもいろんな場所で大切な

イベントとして扱われるハロウィン、

 

 

一年に一回のイベントなので

楽しみにしている方も少なくありませんよね。

 

 

 

そんなハロウィンですが、

カタカナ表記をされることが多いので、

意外とスペルがわからないことがあります。

 

 

ハロウィンは、「Halloween」が

正しいスペルになります。

 

また、もう一つの表記として「Hallowe’en」

という表記もあります。

 

 

現役で英語を勉強している学生の人で

あれば知っている方も少なくないですが、

大人になると忘れてしまう単語の一つですね。

 

 

実際、私も英語はあまり得意ではなかったので、

問題として出されても悩んでしまいました。

 

 

そこから調べてみて覚えて今では

かけるようになりましたが、

それでも日常生活ではあまり使いませんね。

 

 

ただ、ハロウィンの時期に町の中をよく観察してみると、

カタカナ表記ではなく、

この英単語で描かれている場合もあるんです。

 

 

スペルがわからなかった方も、

ここで覚えておいてハロウィンの時期に

街中を見回してみると、

英語表記のハロウィンを見つけることができるかもしれませんよ。

 

 

ぜひ探してみてください。

 

 

ハロウィンの英語のスペルは難しいの?

 

ハロウィンの表記は先ほども紹介したように

 

「Halloween」と、
「Hallowe'en」の二つがあります。

 

 

見ればわかりますが、

そこまでスペルは難しくありませんよね。

 

 

私もスペルがわからずに自分で調べてから、

難しくないのですぐに覚えられるようになりました。

 

 

ただし、ハロウィンの表記は二つありますので、

コンマの位置を間違えてスペルを

間違えてしまうケースも少なくありません。

 

 

簡単だからこそ油断してしまうわけです。

 

 

ですので、テストで出題される場合はもちろん、

知識として覚えて置く際には

カンマの位置に気を付けて覚えておいてください。

 

 

また、ここで一つ気になるのが、

表記が二つあるという点です。

 

 

これはハロウィンの語源が関係しています。

 

ハロウィンは本来、

All Hallow’s Even、

諸聖人の祝日の前夜という意味になります。

 

 

このAll Hallow’s Evenが訛ってHalloween

という単語になるわけです。

 

 

ハロウィンは3つの単語を短縮した形になるので、

1単語として考えるのであればカンマはなしで

 

大丈夫ですし、昔の名残が残っているのが

カンマありの表記になります。

 

 

 

そのため、表記としてはカンマのあるなしの

二つのパターンがあるんですね。

 

 

 

また、表記としてもう一つ気になるのが、

ハロウィンの呼び方です。

 

 

基本的にはハロウィンという呼び方になりますが、

もう一つハロウィーンと呼ぶ場合もありますね。

 

 

そのあたりが意外とごちゃごちゃに

なっていることも少なくありません。

 

 

私の周りでは基本的にハロウィンと

呼んでいましたが、一部はハロウィーンと呼んでいました。

 

 

 

実際のところ、

これはどちらでも大丈夫です。

 

 

というのも、ハロウィンを正しい英語の発音にした場合、

ハロウィーンの方が近いんです。

 

 

ですが、日本語っぽい呼び方にすると

ハロウィンになります。

 

 

 

個人的な感想ではありますが、

ハロウィンの方が呼びやすいですよね。

 

 

 

ですので、呼び方はどちらでもいいですが、

日本語的な呼び方としては

ハロウィンの方がいいかもしれませんね。

 

 

ハロウィンは最近はコスプレをするイベントとして、

かなり大きなイベントになってきました。

 

 

 

ハロウィンの模様をワイドショー

が取り上げるくらいの規模です。

 

 

ですが、スペルや語源など意外と

知らないことがたくさんあります。

 

 

知らなかった方は、

ぜひ知識の一つとして覚えておくといいですよ。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

今回のことをまとめると、

 

 

 

・正しいスペルはHalloween
・カンマが付くタイプと付かないタイプがある
・ハロウィンの語源は諸聖人の祝日の前夜

 

 

 

になります。

 

 

ハロウィンは身近なイベントではありますが、

身近すぎて意外と知らないことも少なくありません。

 

 

特に、ハロウィンの表記については

カタカナのことが多く、

今回紹介する際にもカタカナ表記をメインに使いました。

 

 

その方が読みやすいということもありますし、

逆に英単語だと文字数も

長くなってしまうという問題もありますね。

 

 

ですが、英単語のスペルくらいは

覚えておきたいところですよね。

 

 

また、ハロウィンにもきちんとした語源があります。

 

 

これについては知らなかった人も少なくないですよね。

 

 

実際私も以前までは知りませんでした。

 

 

ハロウィン自体は日本が発祥の物ではありませんので、

現在のイベントの内容だけが先行して、

意外と起源などは知らないことが多いですね。

 

 

 

ですが、どうしてこのイベントごとが誕生したのかなど、

知っておくことでさらにハロウィンを楽しむことができます。

 

 

気になった方はさらに

深く調べてみるのも面白いかもしれませんね。

 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ