原付きのタイヤ交換を安くしたい!気になる相場も公開

目安時間:約 12分

車よりも簡単に免許が取ることができ、

手軽に乗ることができる原付。

 

 

 

好んで使う人も多く、

燃費もいいので根強く使われていますよね。

 

 

 

そんな原付ですが、

車同様タイヤが摩耗してきたらタイヤ交換が必要になります。

 

 

 

 

意外と忘れがちですが、

原付もそういったメンテナンスが大切です。

 

 

 

ですが、

意識していないと原付のタイヤ交換の

相場がわからないことも少なくありません。

 

 

 

そこで、

今回は原付のタイヤ交換について紹介していきます。

 

 

 

原付きのタイヤ交換は安くできる?

 

原付は本体自体も安く燃費も安い、

全体的に安く済むのが特徴になります。

 

 

 

 

普通に車に乗るよりも全然安く済むので、

手軽な移動手段として使えますが、

タイヤが摩耗してきたらタイヤ交換が必要になります。

 

 

 

 

せっかく費用が安い原付きなので、

タイヤ交換も安く済ませたいですよね。

 

 

 

そんな方法はあるのか、

結論から言うと安くすることができます。

 

 

 

 

原付のタイヤ交換をする際、

まず必要になるのがタイヤですが、

これは安いタイヤを購入することで安くすることができます。

 

 

 

 

店頭で買う新品のタイヤよりも、

ネットで購入できるタイヤの方が安い場合がありますので、

そちらをチェックしてみるのがオススメです。

 

 

 

 

また、

中古のタイヤも購入することができ、

そちらもネット経由で販売されているので、

更に費用を安くしたい方はそちらもチェックしてみてください。

 

 

 

 

そしてタイヤ交換で費用がかかる

もう一つのポイントは工賃です。

 

 

 

基本的に車や原付の作業は、

お店の人にやってもらうことが多いですよね。

 

 

 

 

その際工賃が発生しますが、

意外とこの料金が高いです。

 

 

 

ですので、

タイヤ交換を安く済ませるためには、

自分でタイヤ交換をするのが一番です。

 

 

 

 

タイヤ交換自体はそこまで難しいものではありませんし、

やり方さえ知っていればすぐに自分で行うことができます。

 

 

 

 

ただし、

プロにやってもらった方が確実ですし、

もしやり方がミスっていたりすればそれも問題です。

 

 

 

 

ですので、

自分でタイヤ交換をするのが不安な方は、

工賃を削るのは避けた方がいいかもしれませんね。

 

 

 

 

原付きタイヤ交換の一般的的な費用はどれくらい?

 

 

タイヤが摩耗してきてそろそろタイヤ交換をしなくてはいけない、

そんな時に実際にかかる費用が気になるところですよね。

 

 

 

 

私もよく原付を使っていたころがありますが、

購入して最初の方はタイヤ交換なんて考えもしませんでした。

 

 

 

 

 

ですが、

点検をしてタイヤ交換が必要かもという話をされたときに、

初めて意識するようになり、

そうなるまで原付のタイヤ交換の費用なんて調べたこともありませんでした。

 

 

 

 

 

原付のタイヤ交換を意識していない人は少なくないですよね。

 

 

 

 

ですが、

必ず必要になりますので費用を知っておく必要があります。

 

 

 

原付のタイヤ交換に必要な費用は、

 

 

・タイヤの購入
・工賃
・廃タイヤの処分

 

 

 

 

の3つになります。

 

 

 

まずはタイヤについてです。

 

 

 

交換するタイヤは基本新品になりますので、

1万円ほどになります。

 

 

 

先ほども紹介したように、

中古のタイヤはもう少し安くなりますので、

このタイヤの価格はタイヤ交換の費用に大きく影響してきます。

 

 

 

 

次に工賃についてです。

 

 

 

工賃はどこで行うかにもよりますが、

高くても4千円程で片方のタイヤを行うことができます。

 

 

 

ですので、

工賃は1万円いかない程度が定番です。

 

 

 

 

ただし気を付けなくてはいけないのが、

タイヤ交換の際タイヤを持ち込むと、

賃が引き上げられる場合があります。

 

 

 

ですので、新品のタイヤに交換する際は、

タイヤ交換を行うショップで購入するのがいいですよ。

 

 

 

 

そして最後に廃タイヤについてです。

 

 

 

廃タイヤは処分するための費用が掛かり、

これがタイヤ一つにつき500円ほどでやってくれます。

 

 

 

 

原付のタイヤ交換は工賃とタイヤの価格に依存するので、

この二つがどれくらいなのかは詳しく調べておく必要がありますね。

 

 

 

 

私もタイヤ交換をする際には、

タイヤや近くのショップの工賃などを調べて、

安い場所を選んで交換してました。

 

 

 

 

交換はもちろん、

タイヤの価格もショップによって違う場合がありますし、

セールで安くなることもありますので、

そういったタイミングを利用するのもいいですね。

 

 

 

まとめ

 

 

 

今回のことをまとめると、

 

・タイヤ交換は工賃と中古のタイヤで安くできる
・自分でタイヤ交換をするとさらに安くできる
・タイヤは新品だと1万円ほどから購入できる

 

 

 

になります。

 

 

 

 

原付のタイヤ交換が必要になった際、

一番お金がかかってしまうのが新品のタイヤです。

 

 

 

タイヤはなにを使用するかで、

基本的にはタイヤ交換の費用が決まりますので、

まずは安いタイヤを購入する必要があります。

 

 

 

 

逆に、

タイヤにこだわりたいという方は

ある程度の費用を覚悟しなくてはいけません。

 

 

 

 

さらに費用を削れるポイントとしては、

工賃をなくすために自分でタイヤ交換をすることですね。

 

 

 

 

工具さえあればタイヤ交換をすることができますし、

家の前でもできる作業なので場所も選びません。

 

 

 

 

ただし、

工具を最初から用意しなくてはいけない場合や、

タイヤ交換になれていない

場合はショップに任せた方がいいこともあります。

 

 

 

 

素人がやるよりもプロがやった方が確実ですし、

工具も今後やるならまだしも

一回だけなら無駄になってしまいます。

 

 

 

 

そういった面も考えたうえで、タイヤ交換をしてみてください。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ