うさぎが元気がなく動かない時は何かのサイン?対処法はあるの?

目安時間:約 9分

 

うさぎは動物の中では買いやすい動物ですし、

学校で飼育している

ところもあるくらい身近な動物ですよね。

 

小さくてかわいらしいですし

餌の量もそこまで多く必要にならないので、

とても人気の動物です。

 

 

そんなうさぎが

たまに元気がなく動かない時があるんです。

 

うさぎを飼育している方であれば

経験したことがある方も

少なくないのではないでしょうか。

 

 

この元気がなく

動かない状態はどうすればいいのか、

何かのサインなのかな時になりますよね。

 

 

そこで今回は

うさぎが元気がなく動かない時はどうしてなのか、

対処法はあるのかについて紹介していきます。

 

 


うさぎが動かない時は何かの異変なのか?

うさぎは基本的に動き回っていて

元気な動物ですが、

飼育しているとたまに動かない時があります。

 

 

元気なウサギが

突然動かなくなるとなんだか心配ですし、

何よりどうすればいいのかわかりませんよね。

 

 

元気な時の対処法は何回も

経験するので分かりますが、

元気じゃない場合は

自分としていいかわからないことが多いです。

 

 

 

私も以前うさぎを

飼っていたことがあるのですが、

元気がないなと

 

見た目でもわかる状態でも

自分ではどうしていいか、

わからないこともたくさんありました。

 

 

今は実際にうさぎを飼っている

人の中にはそういった

経験をしたことがあるということも

少なくないのではないでしょうか。

 

 

でも実際にうさぎが

動かなくなって元気がなさそうに見える時、

一体どういう理由なのかが気になりますよね。

 

 

 

理由がわかれば対処法も調べられますし、

医者に見せるにしても

ある程度わかっていた方が伝えやすいです。

 

 

ではどんな理由があるかと言うと、

一つ考えられるのがうっ滞です。

 

 

これは胃や腸の動きが悪くなっていて、

食べ物などを消化できない

状態になってしまっていることです。

 

 

消化できないということは

詰まってしまっていたり、

胃液やガスが,

たまってしまう状態になるので、

 

 

この状態能力が下がると、

うさぎは元気が

なくうずくまったような

状態になってしまいます。

 

 

その他にも原因は考えられますが、

よくある原因の

一つとしてはこれが挙げられますね。

 

症状としては元気がないことのほかに、

食欲不振だったり

お腹を触られるのを嫌がったりすると

この病気の可能性がありますね。

 

 

うさぎを飼っていて

元気がないなと思う方は、

今回紹介したような症状も

チェックしてみてくださいね。

 


うさぎが動かない時!これさえ読めば解決!

実際にうさぎが動かない時は

どうすればいいのか、

自分が飼育している

 

うさぎがこういう状態になっている方は

まずこれが知りたいですよね。

 

 

結論としては、

胃の状態を良くして

あげる必要がありますので、

 

冷えすぎていない野菜をあげたり、

適度な運動させてあげることが大切です。

 

 

また水を飲ませることで

胃の中をきれいにして、

 

詰まった状態を

解消してあげることも大切です 。

 

こういった方法で

ウサギが動かない時に解決してあげましょう。

 

ただし、

これは素人レベルでできる方法であって、

基本的には病院に連れて行って

あげるのが一番いいですね。

 

 

水を飲ませたり運動適度にさせることは、

この症状以外にも役立つし

 

健康を保つためには大切ですので、

症状が出る前から

やっておくことが大切です。

 

 

ただし症状が出てからだと

どうしても対処しにくい場合もありますし、

専門家ではない状態で

 

色々な対処方法を考えるのも

危ない場合がありますので、

できればお医者さんに見せてあげてください。

 

 

うさぎはこういった症状の他にも

いろいろな症状を抱えることがありますので、

まず大切なことは

気付いてあげることが必要ですね。

 

自分で何か対処するにしても、

お医者さんに見せるにしても

 

気づいてあげなければ

何も始まりませんので、

飼い主として

まずは毎日様子を

確認してあげることが大切です。

 

 

私もウサギを飼っているときは

毎日様子を見てあげていましたし、

それのおかげで

気づけた症状などもありました。

 

ペットは自分の家族同然ですので、

大切に一緒に過ごすためには

そういった気遣いも大切ですね。

 

うさぎの症状はなかなか

わかりにくいところもありますし、

 

飼い慣れているという方も少ないですので、

毎日の細かいチ

ェックは欠かさないようにしてくださいね。

 

 

まとめ

今回のことをまとめると、

 

・うっ滞という病気の可能性がある

・食欲不振などの症状もある

・適度な運動などが大切

 

になります。

 

うさぎの症状はなかなかわかりにくいうえに、

飼育されているという方も

少ないので症状に気づけない場合もあります。

 

 

あまりチェックしていない

注目していないという方は、

自分のうさぎの小さな症状なども

気づいてあげれるように見てあげて下さいね。

 

まだもう一つ大切な事として、

飼い主レベルで

やってあげられることももちろんありますが、

できないこともあります。

 

 

お家で出来る事としては

水を飲ませたり運動させたりすることですが、

これだけで解決しない

 

場合ももちろんありますので、

そういった場合はお医者さんに

見せることをお勧めしますよ。

 

 

自分だけで対処せずに

病院も頼ってうさぎの健康を維持してあげましょう。

 


カテゴリ:その他 

ページの先頭へ