業務スーパーの焼き鳥のカロリーは実はやばい?激ウマにする方法も解説

目安時間:約 10分

 

業務スーパーには、

安くて美味しい食品が、

いっぱい揃っていますが、

 

家のみ派の人は、

焼き鳥を買われる方もいるかと思います。

 

ですが、

ダイエット中の方や、

カロリーが気になる方は

業務スーパーの焼き鳥の、

カロリーは高いのか?

 

 

本当に気になるかと思います。

そこで今回は業務スーパーの、

焼き鳥のカロリーを調査しました。

 

またカロリーだけでなく、

焼き鳥のコスパの高さや、

 

さらに焼き鳥を美味しくする方法も、

解説しますので、

是非とも参考にしてください。

 

 


業務スーパーの焼き鳥のカロリーを公開!意外な結果に!

 

業務スーパーの気になる、

焼き鳥のカロリーですが、

種類別でまとめてみましたので、

是非とも参考にしてください。

 

ものすごくコスパはいいですし、

節約したい方はお勧めですよ!

 

 

業務スーパー「ぼんじり串」の栄養成分(1本あたり)

業務スーパーの冷凍焼き鳥「ぼんじり串」は

なんと50本入っていて破格の1,500円(税別)です。

 

以下は1本あたりのカロリーです。

 

栄養成分 1本あたり
カロリー 94kcal
たんぱく質 2.4g
脂質 8.9g
炭水化物 1.1g
食塩 0.1g

 

 

1本94キロカロリーですので、

思ったよりも低めです。

 

外で食べるよりかは経済的にも、

健康的にも優しいですね。

 

 

単純に4本食べても100円以下ですので、

業務スーパーの、

冷凍焼き鳥はコスパが最高ですね。

 

 

ただし、味付けはされていませんので、

タレは自分で用意しないといけません。

 

 

業務スーパー「ジャンボ鶏もも肉」の栄養成分(1本あたり)

業務スーパーの「ジャンボ鶏もも肉」ですが、
20本のもも肉/1kg入っており、

これも破格の980円です。

 

以下は1本あたりのカロリーです。

 

西洋成分 1本あたり
カロリー 56kcal
たんぱく質 7.3g
脂質 1.5g
炭水化物 2.6g
食塩 0.4g

 

1本56キロカロリーですので、

カロリー自体は低めですね。

 

タレなしで3本食べても、

200キロカロリー以下ですので、

罪悪感なく食べれますね。

 

 

ちなみにこちらも、

タレなしとなっております。

 

 

業務スーパー「鶏つくね串」の栄養成分(100gあたり)

業務スーパーの冷凍焼き鳥「鶏つくね串」ですが、

つくね50本/1.1kgも入っており、

やはり破格のは980円です。

 

 

 

栄養成分 100gあたり
カロリー 193kcal
たんぱく質 15g
脂質 11.7g
炭水化物 4.4g
食塩 0.8g

 

パッケージには100gあたりの、

栄養成分が記載されていました。

 

1本あたりに換算すると、

カロリー自体は約42kcalです。

 

これはさらに低カロリーですので、

ダイエット中の方でも、

安心して食べれますね。

 

 

こちらも焼き鳥に味付けはされていませんので、

タレは自分で用意しないといけません。

 

 

業務スーパー「もも串」の栄養成分(100gあたり)

業務スーパーの冷凍焼き鳥「もも串」ですが、

もも50本/1.1kgも入っており、

やはり破格の1123円です。

 

栄養成分 100gあたり
カロリー 112kcal
たんぱく質 16.2g
脂質 4.3g
炭水化物 0.8g
食塩 0.3g

 

 

50本1,123円(税込)ですので、

1本あたり約22円という破格の値段ですね。

 

1本あたりのカロリーは約25kcalとなります。

これもヘルシーです。

 

この焼き鳥も味付けはされていませんので、

タレは自分で用意しないといけません。

 

 

 


業務スーパーの焼き鳥をさらに激ウマにする簡単な方法

 

業務スーパーの焼き鳥を、

美味しく食べる方法を公開します。

 

基本的に焼き鳥には、

味付けされていない状態ですので、

タレがあればさらに味を引き立ててくれます。

 

簡単に作る方法としては、

以下を参考に!

 

【材料】

・しょうゆ:大さじ5

・砂糖:大さじ3

・みりん:大さじ1
・酒:大さじ1

 

上の4つを全て混ぜましょう。

 

あとは鍋に入れて、

火加減は中火にします。

 

ふつふつとしてきたら弱火にします。

焦げ付かないように、

かき混ぜながら、煮詰めます。

 

とろりとしてきたら、

焼き鳥のタレは完成です。

 

 

レンジで焼き鳥が柔らかくなってきたら、

たれを焼き鳥にかけて、

中に火が通るまで、

じっくりとレンジで温めましょう。

 

 

他にも美味しく、

食べる方法があります。

 

まずは玉ねぎを切り、

すき焼きのタレまたは、

焼き鳥のタレで、

焼き鳥丼にする方法もあります。

 

トッピングは海苔と生卵がお勧めです。

 

 

僕は隠し味として、

バターを使い濃厚な味を楽しんでいます。

 

 

濃い味が好きな方はバターを入れると、

さらに美味しくなりますよ。

 

 

手間をかけたくなければ、

すき焼きのタレと生卵の組み合わせだけでも、

十分に美味しく食べれます。

 

レンジで焼き鳥をチンして、

後はご飯の上に焼き鳥と卵を

入れてタレをかけてば完成です。

 

 

まとめ

 

業務スーパーの焼き鳥のカロリーと、

美味しく食べる方法をお伝えしました。

 

 

カロリーは全体的に低く、

コスパも最高だということが分かりましたね。

 

ただし、味付けはされていないので、

そのまま食べても美味しく食べれますが、

タレを作ればさらに美味しさは増します。

 

またすき焼き風の焼き鳥丼も、

かなり美味しいので、

是非ともお試しくださいね。

 

本日は以上となります。

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。

 

 


カテゴリ:その他 

ページの先頭へ