鳥を飼育しているけれど旅行に行っても大丈夫なの?

目安時間:約 13分

 

 

「鳥」を「飼育」している方、

「旅行」に行く時の「飼育」はどうしていますか?

 

 

 

家で「ペット」を「飼育」している方へ、

「ペット」の種類は何ですか?

 

 

 

 

「犬」「猫」などがありますが、「ペット」を「飼育」すると、

「家中が賑やかになって楽しい!」

「家族と一緒、飼育する楽しみがある!」

 

 

 

 

ペットがいると、友達に羨ましく思われたことがある。

 

 

 

 

 

そうです。

「大変なこと」以上に、色々な「楽しみ」があります。

 

 

 

 

 

私は子供の頃、実家で「金魚」を飼育していました。

 

 

 

 

玄関に「金魚」を置いていましたが、親戚や友達に、

「金魚を見ていると癒やされる。」

「夏に見ると涼しくていいね。」

と言われました、私達家族もそう思いました。

 

 

 

 

 

 

毎日家族、父母と兄妹の5人で「エサ」「そうじ」

「環境整備」を行っていましたが、忘れずに行うことが大変でした。

「旅行」に行く時は一時的ですが、祖父母にお願いしていました。

 

 

 

 

 

 

では、「旅行に行く時ペットはどうしていますか?」

「鳥」を「飼育」している場合の事例を挙げていきます。

 

 

 

 

 

 


鳥を飼育しているけど旅行しても平気?飼育する上で大切なポイントとは?

 

 

 

「ペット」にも幾つか種類があります。

 

 

 

「ペット」の中で「鳥」を「飼育」している時、

「旅行」に行く時は「預け先」はどうしていますか?

 

 

 

 

 

宿泊予定の旅館やホテルで、ペット同伴可能。

と記載してあるところもありますが、

ペットの種類や大きさは、「鳥」は可能か、

旅館やホテルに電話で事前確認しましょう。

 

 

 

 

そしてここから大切なポイントを解説したいと思います。

 

 

 

 

1つ目は、「エサを充分用意しておくこと。」です。

 

 

 

 

 

 

 

鳥を家に置いていくけれど、

旅行時間が日帰りか1泊2日と短いから、その分のエサを用意しておけば大丈夫!

 

 

 

 

まずはその気持ちを持つこと、

忘れずに準備することです。

 

 

 

 

 

「エサを充分用意しておいたけれど、無くなってしまった。」

ということが無い様にしましょう。

 

 

 

 

 

「エサ」が気になって途中で帰ってくることは無いですね。

 

 

 

 

 

 

毎日「鳥」に「エサ」をあげていると、

1日に食べる「分量」「エサの種類」がわかってきますね。

 

 

 

 

 

近くに、「エサ」を狙っている、他の「ペット」や「動物」はいませんか?

家にはあなた達家族がいません、「鳥」だけです。

 

 

 

 

 

 

 

「旅行」から帰ってきた時に、

「取り返しがつかない」ことにならない様にしましょう。

「鳥」への「気遣い」、留守番してくれた「お礼」もしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

2つ目は、「家族以外の鳥の預け先を確認すること。」です。

 

 

 

 

 

 

近くに養父母や兄弟が住んでいれば、

その方達に一時的に見て頂くのもいいでしょう。

ペットホテルを検討するのもいいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

「ペットホテル」を利用した方の感想は、

 

 

 

 

「お金はかかるけれど、それ以上に安心して旅行出来た。」

「スタッフさんの対応が良かったから今度も利用したい。」

 

 

 

 

 

と声が上がっていました。

 

 

 

 

「ペットホテル」を利用する時の注意点は、

希望日に確実に空いているかわかならない。

 

 

 

 

ことです。

 

 

 

 

 

「他のペットもいるので、感染症が不安。」

と気になる方は、旅行先にペットも一緒に連れていく。

 

 

 

他の家族に預けて頂く。ことをお勧めします。

 

 

 

 

 

 


鳥を飼育する上で、絶対にやってはいけないことは?

 

 

 

鳥やペットを「飼育」する方は、

「未婚」「既婚」「同居家族有無」によっても変わりますが、一人暮らしの方は、

ペットは家族同伴、子供と一緒。

 

 

 

と思う方もいます、

私の友達はそう思って「飼育」しています。

 

 

 

 

また、既婚者で子供がいる方は、

ペットが家にいると子供達が喜ぶ、飼育は勉強になる。

 

 

 

 

 

と思って「飼育」している方もいます。

 

 

 

しかし、「飼育」することは「楽しい」ことだけではない、

「やってはいけないこと」もあります。

 

 

 

 

 

1つ目は、「近くに鳥以外のペットを置かないこと。」です。

 

 

 

 

 

「犬」「猫」「うさぎ」など、

「他のペット」を同時に「飼育」している場合の問題点があります。

 

 

 

それは、「鳥のエサを食べてします。」「鳥を食べ殺ししてしまった。」

ことが考えられます。

 

 

 

 

「こういうことを考えたくない!想像したくない!」

と思っている方もいるでしょうが、実際に起きたことがあります。

 

 

 

 

 

鳥以外のペットも飼いたい!

 

 

 

 

と思っている方へ、

「鳥」や「犬」「猫」「うさぎ」など幾つかペットを「飼育」したい方へ、

「一種類にした方がペット関連の問題が少ない」ですよ。

 

 

 

 

 

 

2つ目は、「ペット飼育中、ご近所に迷惑をかけないこと。」です。

 

 

 

 

 

「ペット」を「飼育」するということは、

「近所付き合い」にも多少影響が出てきます。

 

 

 

 

 

 

例えば、

「騒音に気をつける、配慮する。」

「散歩する場所を考える、人の多い場所は避ける。」

「ペットが歩行中の方に噛みついた時の対処方法を考える。」

ことです。

 

 

 

 

 

 

私がゴミ捨てに行く時間には、

ご近所にいる大きな「黒犬」が私を見て吠えて、近づいてきそうになりました。

 

 

 

 

 

 

一緒に連れてきている家族の方が毎回その行動を「止めて」いますが、

「黒犬」は、子供にもその行為をしそうになって怖がっていました。

 

 

 

 

 

「ペット飼育」するということは、

「マナーを守る」こと、「ご近所への気遣い」が大切です。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

「ペット飼育」するには、世話やお金もかかります。

 

 

 

 

しかし、これらの「注意事項」を守れば大丈夫ですので、

楽しいペットライフを満喫しましょうね。

 


カテゴリ:その他 

ページの先頭へ