上司から休日に誘われる!困ったあなたにすぐに使える対処法を伝授!

目安時間:約 10分

上司から休日に遊びに誘われる!口には出せないが、
本心として断りたいと思うのが本音だと思います。

 

上司としては、
コミュニケーションを個人的に取りたいとか。
中には権力で無理やり誘ってくる人もいるでしょう。

 

部下としてはウンザリしますよね。
その場合はハッキリと断るべきか?

 

そんなあなたにすぐに使える対処法を伝授します。
これさえ見ればバッチリですよ!

 

 


上司から休日に誘われる!困ったあなたへ!上手な断り方で素敵な休日を!例文付き!

上司から休日に誘われると思うだけで、
気持ちが暗くなりますよね。

 

本当は行きたくない!
お前なんかと休日を一緒に過ごすだけで、
ストレスがたまるわ!!

 

このようにストレートで言えたら、
悩むこともないかと思いますが、
現実世界はそうはいきません。

 

社会人ですので、
噓も方便です。

上手に断りましょう。

 

 

それでは自分がよく使っていた、
かわし方を教えたいと思います。

 

(1)たまに使えるノウハウ

 

1 大切な用事があると伝える

 

毎回は使えませんが
たまに使う場合は効果はあります。

それは大事な用事があると伝えましょう。

 

こんな例文を作りました。

 

昔の知り合いと会う約束をしています。

とか。
親の病院の送り迎えがあります。
とか。
同窓会に参加します。

とか。

とにかく断る理由を言います。

 

その後に、

申し訳ございませんが、

周りに迷惑もかかるので、

 

飲みには行けません!

と伝えましょう!

 

このような理由なら怪しまれずに
その日の上司の誘いを断ることができます。

 

2 体調不良を理由にする

 

あとはリスクと向き合いますが、
体調不良も使えます。

 

しかし演技をしないといけないので、
その演技が得意な人なら、
この方法も使えます。

 

 

(2)継続的に使えるノウハウ

 

次に紹介する方法は
継続的に使えるノウハウです。

 

1 子育てや家事を理由にする

 

子供がいる人なら、
子育てや家事が多忙だと伝えましょう。

 

以下のような例文も使えます。

 

子供の世話や、
家の家事が多忙で気持ちに余裕がなく、
子供にも寂しい思いをさせたくないので、

 

申し訳ありませんが、
仕事が終わった後は、

すぐに家に帰らないといけません。

 

特に小さなお子様ならこの方法は使えます。

中学や高校生の子供の場合なら、
家事多忙や食事を作らないと子供に怒られると、
伝えれば上手く断ることができるでしょう。

 

2 恋人がいると伝える

 

また独身なら、
彼氏や彼女と会うとか。
デートがあると伝えれば良いでしょう。

 

また恋人がいなくても、
いたことにすれば継続的に上司の付き合いを断れます。

 

ただし、色々と質問してくる上司もいるので、
そのあたりは事前に考える必要があります。

 

3 習い事を理由にする

 

恋人の話は上司にしたくない方に
使える方法も紹介します。

 

親の介護や習い事を理由に断りましょう。

以下のような例文も使えます。

 

ダイエット中で毎日ジムに通っているので、
申し訳ございませんが、
飲み会には参加できません。

 

何か言われたら前々から、
予定を入れてまして、お金も支払い、
キャンセルするのは厳しいですと伝えましょう。

 

4 親の介護を理由にする

 

そして最後は介護を理由に断る方法もあります。

 

特に介護に関しては代わりがいない為、
上司もさすがに突っ込んではこないかと思います。

 

もちろん例外はあります。

以下のような例文も使えます。

 

母が高齢で、家には誰もいない為、
私が介護しなければいけません。

夜の食事の準備も母一人では困難な為。

 

 

私が作らないといけないので、
申し訳ございませんが、
今後も含め定時後のお誘いは難しいです。

 

ただし、

一人暮らしをしてることが
周囲に伝わっている場合は

この方法を使えません。

 

 

 

上司から休日に誘われる場合はハッキリと断るべきか?しつこい相手にはこれ!最終手段の断り方を例文付きで伝授!

上司から休日に誘われる場合はハッキリと断るべきか?
このような悩みを持つ方もいますよね。

 

結論は以下の通りです。

角を立てずに上手に断るほうが良いが、
しつこいようならハッキリと断る!

 

これだけです!

同じ会社で働いているので、
角が立つような断り方だと、

 

仕事にも悪影響が出たり、
人間関係も気まずい空気になります。

 

ですので、
基本的には相手を怒らせずに、
上手に断るほうがベストです。

 

しかしながら、
言葉でやんわりと伝えても、
上司の立場を使い、

しつこく誘ってくる人もいますよね。

 

本当に困りますよね。

 

 

なので、
このような相手の場合は以下のような言葉で、
ハッキリと断りましょう。これは最終手段です。

 

仕事とプライベートの時間はハッキリと分けたいので、
申し訳ありませんが、
プライベートの時間まではお付き合いできません!

 

これくらいハッキリと伝えましょう!

ただし、

これは最終手段です。

 

ストーカーやセクハラに近いレベルの人に対して、
使いましょう。

 

それでもしつこいようなら、

上司の上司に相談したり、
コンプライアンス系の相談室が、
あればそこに相談するのもありでしょう。

 

 


上司から休日に誘われるのが苦痛な理由を調査

 

上司と休日を過ごすのが、
何故?苦痛なのか?その理由を調査しました。

簡単にまとめました。
以下が理由となります。

 

・単純に気を遣う
・疲れる
・仕事の延長みたいでストレスがたまる
・プライベートと仕事は区別したい
・個人的に上司が嫌い
・友達や一人で過ごすほうが楽しい
・上司と遊んでもつまらない!

 

やはり気を遣うのと、
楽しくないのが本音ですよね。

 

 

 

まとめ

 

上司から休日に誘われる!
とにかく断りたい!

そんなあなたに向けて対処法を伝授しました。
ここからは記事のまとめです。

 

以下簡単にまとめましたので、
再度確認しましょう。

 

(1)たまに使えるノウハウ

 

1 大切な用事があると伝える
2 体調不良を理由にする

 

(2)継続的に使えるノウハウ

 

1 子育てや家事を理由にする
2 恋人がいると伝える
3 習い事を理由にする
4 親の介護を理由にする

 

そしてハッキリと断る前に、
角を立てずに上手に断るほうが良いが、
しつこいようならハッキリと断る!

 

これが本記事のまとめとなります。

 

業務終了後はできれば

上司と過ごしたくない人が大半です。

 

 

ですので、

本記事のノウハウを少しでも、

生かすことができたら、
ありがたいと思っています。

 

本日は以上です。

最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。


うさぎのお部屋

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ