40代の転職は悲惨?勝ち残る為の具体的な戦略とは!

目安時間:約 11分

 

40代に乗って

給料を上げるために

転職をしたいと考える方も多いですよね。

 

 

しかし、

安易な気持ちで

転職してしまうと

 

若い頃とは違った

40代だ悲惨な失敗を

遂げてしまうこともあります。

 

 

せっかく転職するのであれば、

失敗するより給料をアップしたり

新しい 人生への

ステップアップをしたいですよね。

 

そこで

今回は40代での転職の難しさや

成功する方法について紹介していきます。

 

 


40代の転職は悲惨?こんな意識の人は地獄を見ます。

 

転職をする際に

まず意識しなくてはいけないことは、

きちんとスケジュールや

転職をする意識を持って転職することです。

 

とりあえず今の会社を辞めたいから 転職する、

すぐに仕事が見つかるから大丈夫だろうと

考えてることは

とても甘い考えと言わざるを得ません。

 

 

若いうちの転職と違って

40代の転職はひとつ間違うと

仕事が見つからないなんてことも

 

ざらにありますので、

とりあえず仕事を辞めてから

考えようという考え方は危険ですよね。

 

 

なので、

まず次の会社が決まっていないのに

退職したり、ただただうまい話や

 

給料の話で転職先を考えて

しまったりするのは

転職の失敗につながってしまいます。

 

 

40代での転職失敗を

元の職を失い次の職につくこともできなくなる、

という負のループに入ってしまいますので

気をつけた方がいいですね。

 

 

転職すれば必ずうまくいく!

今の環境がすぐに良くなると考えがちですが、

それはなかなか難しいので

 

自分はどういう環境で仕事をしたいのか、

どうしたら改善できるのかを

考えて計画的に転職をすることをお勧めします。

 

 

意識を変えるだけでも

40代の転職の成功するか

 

失敗するか変わってきますので

是非こういった意識を持って

転職に望んでいてくださいね。

 

 

また、

意外と将来どうにかなるだろうと

楽観視している方もとても多いですが、

そういう方も失敗してしまうことが多いです

 

 

今就いている職業が

安定的に収入を得ている方は

もちろん問題ありません。

 

 

ですが、

転職をしようと考えている方で

どこについてもあるけど

何とかでやっていけるだろうという考えが

 

とりあえず仕事が見つかれば大丈夫、

すぐに仕事が見つかったら

今まで通りの生活が

 

できるようになるだろうという

考え方は危ないですね。

 

楽観視しているということは

その後のことを考えてないということですので、

転職をした後のことしか

 

考えずに転職を失敗する

恐れを考慮していないと、

転職に失敗してしまう

可能性が上がってしまいます。

 

 

40代での転職はもちろん

スキルアップや

給料アップのチャンスでもありますが、

 

そこで失敗してしまうと

逆に苦しい人生を

送ることになってしまいます。

 

こういった意識も

持たないようしっかりと

準備を怠らずに転職をしましょう。

 

 


40代の転職で成功させるための具体的な方法とは?

 

 

40代で転職をするには具体的に

どうやって転職をしていくか、

きちんと計画を立てて

転職をする必要があります。

 

 

先ほども紹介したように、

無計画に仕事を辞めてしまってから

転職を考えても

 

なかなか転職するのが難しかったり、

他の転職をしたら

 

すぐに新しい職場で

成功するという安易な発想でいると

転職に失敗してしまいます。

 

転職に失敗してしまうと、

まともな給料を得ることもできずに、

 

ただただ生活が

苦しくなってしまうので

気をつけなてはいけません。

 

では

どういった方法で

転職を成功させればいいと言うと、

具体的に三つの方法がおすすめです。

 

それが、

 

 

・ 仕事でやりたいことの整理

・今までの人間関係を使って情報を収集

・ 待遇についてのチェック

 

 

になります。

 

まずは仕事で

やりたいことの整理についてです。

 

40代ともなれば

ただがむしゃらに働くというよりは、

今までやってきた仕事をとの

 

兼ね合いでどういった仕事を

やりたいかを

きちんと整理しておく必要があります。

 

 

これから転職をするということは、

ある程度の今の職業と

同じような業種に就くことも多いですし、

そうでない場合でも

 

自分がどういった理由で

転職をしたいのか、

 

どういう職場や職種に

就きたいかを

明確にしておく必要があります。

 

 

そこが明確でないと

適当な職種についてしまって、

転職先でも後悔してしまうことが多いです。

 

 

転職先で後悔してしまうと

さらに次の職業探してしまうという

負のループに入ってしまいますので、

 

できれば先に転職先は

どういった仕事をしたいかを

明確化しておくことが大切ですね。

 

 

次に今までの人間関係は使って

情報を収集することについてです。

 

 

40代まで仕事をしてれば

ある程度色々な人との交流もありますし、

自分と同じような

 

仕事や会社との交流もあれば

別の仕事をしている人との交流もありますよね。

 

 

そういった人たちから、

自分が転職したいことを

相談するのはもちろんいいですし、

 

どういった職場なのか。

その業種や職種では

どういった仕事になるのかを聞くのも大切です。

 

 

 

また、

ただ闇雲に転職先を

探すのではなく

 

こういった事務から

転職先を探すのもいいですね。

 

 

知っている間柄であれば

ある程度採用を

優遇してくれる場合もありますし、

 

人脈を使って情報収集したり

転職先を探すのは

とても良い方法のひとつです。

 

 

最後に待遇の

チェックについてです。

 

 

若い頃であれば

ある程度どんな待遇でも

仕事を受けるといった考えに何がちですが、

 

ある程度キャリアを

積んだ40代の転職では

待遇のチェックもとても大切です。

 

 

福利厚生はどうなっているか?

給料はどれぐらいなのか?

 

どういったポジションにつくのか

はきっちり知っておかなくてはいけませんね。

 

しっかりと自分のキャリアに合った

仕事につけるように

待遇をチェックしておくことも

忘れないでください。

 

 

まとめ

 

今回のことをまとめると、

 

・ノープランでの転職は40代は厳しい

・スケジュールを立てて転職をすることが大切

・今までの仕事での人脈を使うと効率よく転職ができる

 

になります。

 

 

40代での

転職はスキルアップなどにも繋がりますが、

逆に失敗するリスクも考えなくてはいけません。

 

 

40代での転職はリスクもありますので、

自分の仕事で培ったものを

使って転職に利用することが大切です。

 

転職はメリットも大きいですが、

デメリットも大きいので

しっかりと理解した上で

転職を行うようにしましょう。


カテゴリ:会社が辛いあなたへ 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ