子供がうるさいと近所の人に言われた!必ず抑えとくべきポイント

目安時間:約 10分

 

小さな子供がうるさくて、
近所の人から苦情を言われた!

 

小さな子供を持つ親としては、
本当に切実な問題です。

 

このまま放置をしたら、
ご近所さんとの関係も悪化しますし、
人間関係が悪くなると,

ストレスもかなり溜まりますよね。

 

特に一軒家ですと、
簡単に引っ越しができないので、
関係が悪化したら致命的です。

 

では。
どうすれば良いのか?

 

そのような解決策を、
この記事で解説していきます。

 

 

是非とも、
最後まで読んで頂けたらと思います。

 

 


子供がうるさいと近所の人に言われた時の対象法!

 

子供がうるさいと近所の人に、
言われた時の対処法ですが、
結論から言うと、完全に子供を、

 

大人しくさせる方法はありませんが、

緩和や改善できる方法はあります。

ですので、
その中で、できる方法をご紹介します。
以下がその対処法となります。

 

・子供と謝りに行く
・子供に注意する
・窓・ドアを閉める
・昼間に沢山遊ぶ

 

それでは解説していきます。

 

・子供と謝りに行く

 

まずは子供と一緒に謝りに行きましょう。
苦情を言うぐらですので、
向こうもかなりのストレスが溜まっています。

 

謝らないで放置しとくと、
さらに大きな問題に発展する可能性があります。

 

相手に不利益を与えてしまったのですから、
まずは謝りましょう。

 

子供と一緒に謝りに行くことで、
子供にも悪いことをしたと、

自覚させる必要があります。

 

子供と一緒に謝りに行けば苦情を出した人も、
感情的にならずに

多少のことは許してくれるかもしれません。

 

・子供に注意する

 

そして子供にも注意をします。

 

注意をしないと子供は分かりませんので、
何故うるさくしてはいけないか?
うるさくするとどうなるのか?

このあたりをしっかりと教えて下さい。

 

もちろん注意しただけで、
簡単に直るわけではありませんが、
最近ですと、

 

全く注意をしない親も増えておりますので、

やはり必要なら言葉で伝える必要があります。

 

基本的に最初は口うるさく言わずに
優しく注意しましょう。

 

それでもダメなら、

厳しく注意するのも1つの方法です。

 

僕の知り合いは父親が厳しく、
注意したところ子供が以前よりも、
子供が静かになり改善されました。

 

ですので、
注意すれば改善されるケースもあります。

 

 

あとはその子供の性格によって、
対応のやり方を、

考えてみるとよいでしょう。

 

・窓・ドアを閉める

 

最初にもお伝えしましたが、
子供の騒音を完全に阻止するのはかなり、
難しいです。

 

ですが、
できることはやりましょう。

 

窓を閉めたり、
ドアを閉めることで、

多少は騒音対策になりますし、

 

やることをしっかりと行えば、
あなた自身も肩身の、

狭いおもいをする必要はありません。

 

 

逆にここまで対策をしているのだから、
多少のことは大目に、

見てもらえると助かります。

 

そのようなことを伝えることもできます。

 

 

・昼間に沢山遊ぶ

 

少し子供騙しな方法ですが、
家で大きな声が出ないように昼間は外で、
運動させたり遊ばせたりして、

体力を消耗させる方法です。

 

これは子供と遊ぶ時間がある人や、
外で遊んでもらうのが条件ですが、
かなりお勧めな方法です。

 

 

当たり前ですが、

子供は疲れたら、
元気に遊ぶ回ったり、
大きな声もあまり出しません。

 

そして体力を使い果たし、
早めに寝てもらえる可能性があります。

 

 

早めに寝てもらうことができたら、
子供のうるさい騒音は完全に阻止できます。

 


子供がうるさいと近所の人に言われた時に絶対にしてはいけないこと!

 

子供がうるさいと近所の人に言われた時に、
絶対にしてはいけないことがあります。

まずは結論から言うと以下の通りです。

 

 

・仕返しをしない
・苦情を言った人と話し合わない

 

それでは解説していきます。

 

・仕返しをしない

 

当たり前ですが、注意されて、

不快に感じる人もいます。

 

ですが、
仕返しをしてしまうと、

その後の人間関係に溝が生まれ、
外で顔を合わせづらくなりますし、

気まずくもなります。

 

しかも向こうも、

仕返ししてくる可能性もありますので、
更にやっかいな、

問題に発展する可能性があります。

 

火に油を注ぐようなもんです。

仕返しは絶対にやめましょう。

 

ばれなければいいと思うところですが、
必ず誰か見てますし、
やられた方もバカではありませんから、
すぐに気が付きます。

 

 

ですので、
ばれなければ良いという、

考え方も捨てましょう。

 

 

・苦情を言った人と話し合わない

 

そして苦情出した人とは話し合わないこと。
これも重要です。

 

え?何で?と思われるでしょうが、
これには理由があります。

 

これをしてしまうとお互いに感情的になり、
結局のところ、

解決することが困難になります。

 

そして、
口論となってしまう可能性があります。

 

ですので、
話し合いをするなら、
大家や管理会社としましょう。

 

 

大家や管理会社はこのようなトラブルも
あらゆる場所で発生していますので、
どのようなに対応すれば良いかは分かっています。

 

まとめ


今回は子供がうるさかった場合、
抑えとくべきポイントについて解説しました。
ここからはまとめです。

 

子供がうるさいと近所の人に言われた場合は
以下を意識してください。

 

・子供と謝りに行く
・子供に注意する
・窓・ドアを閉める
・昼間に沢山遊んでもらう

 

そして以下のようなことは、
必ずやらないように意識しましょう。

 

・仕返しをしない
・苦情主とは話し合わない

 

このあたりを意識しながら、
ご近所さんとはなるべく、
トラブルを起さないようにしましょう。

 

完全に子供の声を消すことができませんが、
少しでも解消できるように、

柔軟に対応をしましょう。

 

ご近所さんの間で敵を作っても、
お互いに不利益になるだけです。

 

ですので、
トラブルは控えて、
お互いさまの精神が、

大切ではないでしょうか。

 

本日は以上となります。
最後まで読んで頂き、
ありがとうございます。

 

 

 


カテゴリ:子育て 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ