自転車16インチと20 インチ違いは?お勧めはどっち?

目安時間:約 9分

 

大人になってからの自転車は変えることは基本的にはないですが、

子供の成長に合わせて、

自転車を買ってる時に気をつけなきゃいけないのがタイヤの大きさです。

 

 

 

 

今の子供の大きさはタイヤ何インチがいいのか意外と大切で、

少し違うんだけど足がつきにくかったり、

運転しにくかったりというものがあります。

 

 

私も小さい頃自転車に乗っていた頃は、

徐々にタイヤのインチ数をあげていましたが、

成長するスピードもそろそろなので時には、

自分に合わない自転車もありました。

 

 

 

ですが

安全に自転車に乗るためには自分に合った、

自転車を乗る必要がありますよね。

 

 

自分の子供に遺伝子を買ってあげられるときにどのタイヤの大きさがいいのか、

これが気になる親御さんも多いです。

 

 

自転車のタイヤの中でもよく使われる

16インチと20インチの違いやおすすめについて紹介していきますね。

 

 


自転車16インチと20 インチ違いは?分かりやすく解説

タイヤの大きさは自転車を購入するにはよく確認するポイントですし、

自分の身長や体格に合った自転車を選ぶことは大切です。

 

 

じゃあそもそも16インチと20インチにはどういった違いがあるのか、

意外とこれがわからないという方も多いですよね。

 

 

 

まずこれぐらいのタイヤの大きさが違うということは、

自転車の大きさや安定感にも影響してきます。

 

 

 

タイヤが大きいということは、

それだけ速度出した時の安定感があります。

 

 

ロードバイクやクロスバイクといった、

スピードを出すための自転車はかなりタイヤが大きいですよね。

 

 

つまりスピードを出した際の、

安定感を求めるにはタイヤが大きい方がいいんです。

 

 

ではタイヤが大きい方が絶対にいいのではないか、

もちろん走るという上ではそれが一番いいのですが、

日常生活で使う上ではもう一つ大切なことがあります。

 

 

それが自転車自体の大きさです。

 

タイヤが大きいということは

それだけ自転車が大きくなってしまいますので、

しまう場所に困るといったデメリットもあります。

 

 

 

特にあまり自転車を収納する場所がなく、

折りたたみ自転車を購入したいという形であれば

16インチのタイヤの自転車を選ぶのがおすすめですね。

 

 

そもそも折りたたみ自転車は小さい収納スペースにもしまえるという

利点が売りになってますので、

16インチくらいの小さいタイヤのものが多いですね。

 

 

タイヤのインチ数が違うだけではありますが、

大きいタイヤであれば走行中の安定感がありますし、

小さいタイヤであればそれだけは自転車の大きさを抑えることができます。

 

 

タイヤの違いだけではありますが、

自転車にこれだけの違いが生まれるのは面白いですよね。

 

 


自転車16インチと20 インチ違いは理解できた!お勧めはどっち?

 

自転車のタイヤの違いはある程度理解できた方も、

やっぱり気になるのはどちらがおすすめなのかということです。

 

 

結論から言うと、

コンパクトな自転車を求めている方は16インチ、

大きめの自転車や安定感を求める方は20インチになります。

 

 

 

コンパクトな自転車と言うと小さめな自転車、

いわゆる折りたたみ自転車がいいですね。

 

 

 

折りたたみ自転車といっても、

いまいちイメージがつかない方もいるかもしれませんが、

タイヤが小さめの自転車を見たことがありますでしょうか。

 

 

 

自転車の車体の大きさに対して少しタイヤが小さいなと感じるタイプは、

一般的に折りたたみの機能は付いている自転車になります。

 

 

 

こういった自転車は駐車するスペースも少なくて済みますし、

マンションなどの自分の荷物を収納するスペースがあまりない状況でも、

玄関に置いておけるくらいの収納スペースで問題ありません。

 

 

 

それぐらいコンパクトなので、

どの家庭でも持ちやすいのがメリットになりますね。

 

 

気軽に色んなとこに乗って行きたい方や、

収納スペースがあまりないという方におすすめの自転車です。

 

 

次に20インチの自転車は、

しっかり速度を出して走りたいという方や安定感がほしいという方、

また、大きめの自転車が欲しいという方もこちらのタイヤがお勧めですね。

 

 

 

いわゆる一般的な自転車のタイヤの大きさになりますので、

普通のシティサイクルの自転車を購入すれば、

大体これぐらいのタイヤの大きさになります。

 

 

あとは自分の体格に合わせて、

タイヤの大きさを少しずつ変えていけば大丈夫ですね。

 

 

 

個人的にはあまりこだわりがないので、

あればこちらのタイヤの大きさのおすすめです。

 

 

タイヤが小さいと少し運転しにくく感じる方もいますし、

そこまで収納スペースに困っていないのであればこちらが便利です。

 

 

 

ダイヤが違うというだけでこれだけの違いがありますので、

自分のライフスタイルにあった自転車をぜひ選んでみてくださいね。

 

 

よければ以下の関連記事も参考になります。

 

 

16インチは何歳まで乗れるのか?

 

 

まとめ

今回のことをまとめると、

 

 

・タイヤが大きい方が安定感がある

・タイヤが小さいと車体の大きさが小さい

・自分の体格やライフスタイルに合わせて選ぶ

 

 

になります。

 

自転車はそれぞれの生活に必要な手軽な移動手段ではありますが、

意外と使用用途が人によって違いますので、

自分に合ったタイヤの大きさの自転車を選んでみてくださいね。

 

 


カテゴリ:自転車(子供向け) 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ