納豆の賞味期限切れ !3日過ぎても平気?実際に食べてみた!

目安時間:約 10分

 

納豆の賞味期限ってご存知ですか?

 

ついつい食べるのを忘れたりして、

そのまま処分してしまう人も沢山います。

 

せっかくの納豆を賞味期限切れとはいえ、

すぐに捨てるのは勿体ないですよね。

 

では?

納豆の賞味期限切れは何日ぐらいなら、

食べれるか気になりませんか?

 

もしかしたら!

豆腐の賞味期限切れが3日切れでも大丈夫?

気になりますよね。

 

そこで今回は、

豆腐の賞味期限切れをテーマに、

3日切れでも食べれる?

 

このようなお題で、

記事を書きますね。

 

また豆腐を長期保存する方法も、

公開しましたので、

是非とも参考にして下さい。

 

 

 


納豆の賞味期限切れ !3日過ぎは平気?実際に食べてみた結果は?

 

納豆の賞味期限が3日切れだけど、

食べれるのかと申しますと。

 

 

食べれますよ!

 

 

3日程度なら腐っている、

可能性はかなり低いです。

 

ただし、

未開封な物が良いでしょう。

 

 

ですが、違和感があれば迷わず、

処分しましょう!

無理して食べる必要もありません。

 

ここで僕の話になりますが、

納豆の賞味期限が、

6日切れの物を食べたことがあります。

 

特に問題なく、

普通に食べれました。

 

お腹も壊すことなく、

最後まで美味しくいただきました。

 

あくまで賞味期限ということで、

問題なかったんでしょう。

 

 

ただし、

納豆の質や保存状態や個人差もありますので、

食べる場合は自己責任でお願いします。

 

 

そしてこここらは補足ですが、

食品には賞味期限と消費期限があります。

簡単に言うと以下の通りです。

 

 

・賞味期限:おいしく食べられる期限

・消費期限:安全に食べられる期限

 

賞味期限が切れても、

結論は食べることはできます。

 

 

では消費期限切れ後は食べれるの?

 

また納豆が腐っている場合は,

どのように見分けたらいいのか?

 

それは次のページでお伝えします。

 

 

納豆の賞味期限切れと消費期限も切れたけど食べれる?腐っているか見分ける簡単な方法も公開

 

納豆の消費期限が切れた?

腐っていて食べられないのでは?

気になりますよね?

 

まずは消費期限切れの納豆は食べれるかと、

申しますと、状態次第ですが、

2日程度の消費期限切れなら、

食べれます。(状態は下記の1~5の見分け方)

 

 

 

早い話が、食べれない状態の場合、

パックを開けた状態で、

嫌な臭いがします。

 

そしてちょっと、

食べてみたら酸味がしますね。

 

 

また。

パックに入っているものは、

パックがふくれあがり、

水も濁って来ますね。

 

簡単にまとまたので、

以下を参考にしながら、

見分けてください。

 

1.臭いがする
2.食べると酸味がする
3.水も濁ったりヌメリもある

4.糸を引かない

5.カビが生えている

 

このような場合は、

消費期限切れはもちろん。

腐っているので、食べれません!

 

ですので、

無理はせずに捨てましょう。

 

興味本位で食べても意味がありませんので、

すぐに処分です!

 

納豆の消費期限切れ!うっかり食べてしまった!どうすれば?

 

消費期限や賞味期限を無視して、

納豆を食べてしまった!

 

もし当たってしまったときは、

おそらく数時間後には、

お腹に異変を感じ、その後嘔吐します。

 

 

頭痛を伴う発熱と、

ひどい下痢になる可能性が高いです。

 

とりあえず悪いものは全て出しましょう。

その後、症状が治まれば問題ありませんので、

病院に行く必要はありません。

 

ただし、気になるようでしたら、

病院に行った方が確実です。

 

逆に症状が治まらない場合は、

迷わず近くの病院で診てもらいましょう。

 

もし異常がない場合も、

嘔吐下痢に備えて、

スポーツドリンクを用意しましょう!

 

 


納豆の賞味期限切れは無視して大丈夫!簡単に長持ちさせる方法とは?

 

納豆を常温保存したら賞味期限は大幅に短くなります。

そこで少しでも長持ちさせる方法を公開します。

 

保存方法は以下の通りです。

 

 

・冷蔵保存⇒7日~9日(保存期間)

・冷凍保存⇒3か月~4か月(保存期間)

 

賞味期限通りの品質を保つためには、

納豆を冷蔵庫で冷やした状態で保存しましょう。

 

常温保存ですと、

賞味期限が短くなるので、

注意してください。

 

特に気温が高い夏は、

わずか2時間で納豆は腐ってしまいます。

 

納豆菌の再発酵を防ぐために、

冷蔵庫に入れるのがおすすめです。

 

さらに長持ちする方法としては、

冷凍保存をお勧めします。

 

これなら長期保存も可能です。

 

 

ただし、

あくまで目安ですので、

鵜呑みにはしないでくださいね。

 

 

あとは実際に物を確認しながら、

大丈夫そうなら食べましょう。

 

消費期限切れで、

腐っている場合は以下がサインです。

 

1.臭いがする
2.食べると酸味がする
3.水も濁ったりヌメリもある

4.糸を引かない

5.カビが生えている

 

このあたりを、

参考にしていただけたらと思います。

 

 

まとめ

 

納豆の賞味期限切れについて、

お伝えしました。

 

結論は納豆の賞味期限切れですが、

基本的には数日は食べれます!

 

そして消費期限切れも2日程度なら、

食べても問題ないでしょう。

 

そして腐っているかの見分け方は

以下の通りです。

 

1.臭いがする
2.食べると酸味がする
3.水も濁ったりヌメリもある

4.糸を引かない

5.カビが生えている

 

 

そして保存方法は以下の通りです。

 

・冷蔵保存⇒5日~7日(保存期間)

・冷凍保存⇒3か月~4か月(保存期間)

 

腐っている場合は、

食べずに必ず捨てましょう!

 

その為に消費期限切れ後は食べる前に、

しっかりと見分ける必要があります。

 

そんなわけで、

本日は以上となります。

 

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。

 


この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ