ハンバーグを焦がした時の対処法は?焦がさないズルい方法を公開

目安時間:約 7分

 

ハンバーグは子供はもちろん。

大人も喜ぶ大人気料理ですが、

ハンバーグを作る時に、

焦がした経験がありませんか?

 

 

でしたら、

この記事を読めば解決です。

 

この記事では、

ハンバーグを焦がした時の対処法と、

誰でも簡単にハンバーグを焦がさない方法も

教えたいと思います。

 

是非とも参考にして下さい。

それでは行きましょう!

 

 


ハンバーグを焦がした時の対処法は?美味しく食べれる方法を解説

ハンバーグを焦がしてしまった!

どうしよう!困った!

 

そんなあなたの為に対処法を教えます。

結論としては以下の通りです。

 

 

1 煮込みハンバーグにする

 

ハンバーグを焦がした場合ですが、

まずは焦げたところを削りましょう。

 

そして煮込みハンバーグに仕上げれば解決です。

焦げた部分を取り除けば焦げ臭さはなくなります。

 

煮込みハンバーグにすれば、

十分美味しく食べれますし、

削った部分は焼けば見た目も問題ありません。

 

そもそも煮込みハンバーグですので、

焦げた跡も目立ちません。

 

 

 

2 焦げた部分を削る

 

シンプルな方法ですが、

焦げた部分は削りましょう。

 

見た目は悪くなりますが、

目玉焼き、チーズ、

ハンバーグソースをもかければ、

そんなに酷い見た目にんりません。

 

目玉焼きが乗ってれば子供たちも、

大喜びするでしょう。

 

僕もよくハンバーグを作りますが、

うっかり真っ黒焦げにしてしまう時があります。
その場合、2の方法をよく使います。

 

ハンバーグを焦がした!もう焦がさないズルい方法!

 

ハンバーグを焦がさない方法は簡単です。

とにかく焦がす方は以下を参考にしましょう。

方法としては2種類あります。

 

 

1 焼いてからオーブンする

 

まずフライパンを熱さずに弱火で、

ゆっくり焼きます。

 

表面に少し焼き目が付いたら、

ひっくり返して焼きます。

 

ここからがポイントですが、

焼き目ができた後にオーブンを利用すれば、

焦がさずにきれいに焼けます。

たったこれだけです。

 

2 最初からオーブンを使う

 

 

 

 

はい。たったこれだで、

あなたが作る、

ハンバーグは焦がすリスクはなくなり、

美味しく食べることができますよ。

 

本当にシンプルな方法ですが、

かなり使える方法ですので、

是非ともお試しください!

 

 


ハンバーグを焦がしたけど食べれるの?

 

ハンバーグを焦がした!

 

でも、

焦がしたハンバーグは食べれるのか?

気になりますよね?

 

焦げたハンバーグが食べれるかというと、

結論としては食べれます。

 

むしろカビのほうが危険です。

 

ですが、

ハンバーグの焦げ具合によっては、

大量に食べると気分を悪くなり、

お腹を壊すリスクがあります。

 

ですので、

少量にしといたほうが無難でしょう。

 

まとめ

 

ハンバーグを焦がした時の、

対処法と美味しく食べる方法。

さらに焦がさない方法も解説しました。

参考になれば幸いです。

 

ここからはまとめです。

対処法と美味しく食べる方法は、

以下の通りです。

 

 

1 煮込みハンバーグにする

2 焦げた部分を削る⇒トッピングをのせる

 

 

そして、

ハンバーグを焦がさない方法は

以下の通り。

 

1 焼いてからオーブンする

2 最初からオーブンを使う

 

ハンバーグを作る時はどうしても、

焦がしてしまう時がありますよね。

 

そんな時は煮込みハンバーグにしたり、

焦げた部分を削り、

他の具材をトッピングすれば、

解決です。

 

ハンバーグを焦がさない方法は、

オーブンを使用するだけで、

焦がさずに、

美味しいハンバーグが楽しめます。

 

シンプルな方法ですが、

参考になればと思います。

 

本日は以上となります。

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。


カテゴリ:その他 

ページの先頭へ