焼肉とステーキの違いとタレとソースの違いも分かりやすく解説

目安時間:約 9分

 

焼肉とステーキどのように違うの?

そんな疑問を持たれたことはありませんか?

 

実はステーキと焼肉には様々な違いがあります。

肉の焼き方、食べ方、タレとソース、

歴史などの違いもあります。

 

そこで今回は焼肉とステーキの違いはもちろん。

タレとステーキソースの違いも、

誰でも分かるように解説します。

 

 

是非とも最後まで、

お付き合いして頂けたらと思います。

それではいきましょう!

 

 


焼肉とステーキの違いはこんなにある!○はタレ○ソースという違いもあった!

 

このページでは、

焼肉ステーキの違いを解説します。

 

まず焼肉ですが、

小間切れの複数の肉を焼く料理でです。

 

そして調理後に皿に乗せて提供され、

その皿にある焼肉を各自焼いたりする、

スタイルです。

 

また焼肉の場合はソースと表現せず、

一般的に焼肉のタレと表現します。

 

そしてステーキですが、

焼肉よりも厚切りで大きな肉一枚が特徴です。

 

牛肉をフライパンや鉄板で焼き、

焼いた状態で提供するスタイルです。

 

また焼肉は箸で食べるものですが、

ステーキはナイフとフォークで、

好きなサイズに切りながら食べます。

このあたりも違いになるでしょう。

 

そしてステーキの場合はタレと表現せず、

一般的にステーキソースと表現します。

 

焼肉は和食、

ステーキは洋食だという違いもありますので、

覚えておきましょう。

 

 

簡単にまとめると、

以下の通りです。

 

焼肉は和食。

小間切れの複数の肉を各自で焼いて、

箸で食べる料理。

焼肉はタレ

 

ステーキは洋食。

厚切りで大きな肉一枚を

焼いてから提供し、

ナイフとフォークを使い食べる料理。

ステーキはソース

 

 

色々と調べますと、

違いが色々とありますね。

 

 

肉の違いはあるの?

ここからはもう少し、

細かいところを解説します。

 

焼肉は豚肉と牛肉を使用します。

 

豚肉は主にモモ肉やバラ肉を使用。

 

牛肉はロース、カルビ、タン、ハラミ、など、

様々な部位がこれに利用されます。

 

ステーキはサーロイン、ヒレ、リブが有名です。

豚肉の場合はトン(豚)テキが有名です。

鶏肉の場合はチキンステーキと呼ばれています。

 

個人的に美味しければ、

どうでもいいですね(笑)

 

 

焼肉とステーキのタレとソースの決定的な違いは?

 

焼肉とステーキのタレと、

ソースの違いをこのページでは詳しく解説します。

 

焼肉のタレですが、

基本的に醤油ベースにや玉ねぎを使ったタレが多いです。

もちろんお店により違いはありますが、

醬油ベースを使うお店は多めです。

 

 

そして焼肉は焼いた後に、

自分でその肉にタレを付けて食べるスタイルです。

 

レモン汁などを付けて食べる時もありますので、

このあたりも違いではあります。

 

 

そしてステーキですが、

これもお店により様々ですが、

ステーキソースには赤ワインを使用し、

 

バター、ケチャップ、ウスターソースなどが、

使われることが多いです。

 

お店により、

醤油ベースや味噌ベースの、

ソースを使う場合もあります。

 

またステーキは焼いた後に、

料理を作った人が、

その肉にソースをかけて食べるスタイルです

 

 

また、共通点としては、

ステーキも焼肉も塩だけで食べることがあります。

 

個人的には焼肉もステーキも、

バターでそのまま食べることがありますが、

かなり激うまでした(笑)

 


焼肉とステーキの発祥の違いを解説

焼肉の発祥の地は韓国となります。

 

ですが、

韓国の焼肉と日本の焼肉は別物と言われます。

 

 

韓国では16世紀頃ですが、

宮廷料理として出されたのが始まりです。

 

その後は朝鮮半島から、

日本に渡ってきた朝鮮人が提供し始めたのが、

日本の焼肉の始まりとなります。

 

そして最初は肉の種類も少なかったのですが、

形式が独自に変わり、

種類も昔に比べたら豊富になりました。

 

 

 

ステーキの発祥の地はヨーロッパとなります。

 

ですので、

ヨーロッパ料理ではステーキが提供されることがあります。

 

そして歴史が進むに連れ、

やがてヨーロッパから大くの移民がアメリカに渡ります。

 

時が流れヨーロッパで生まれた、

ステーキもアメリカへと渡ります。

 

よくアメリカ料理と言うと、

ステーキを思い浮かぶ人がいますが、

実はステーキの発祥はヨーロッパなんです。

 

 

 

まとめ

 

今回は焼肉とステーキの違いと、

タレとソースの違いを解説しました。

 

参考になれば幸いです。

ここからはまとめとなります。

 

記事の結論は以下の通りです。

 

 

焼肉は和食。

小間切れの複数の肉を各自で焼いて、

箸で食べる料理。

焼肉はタレと表現。

タレはレモンや醤油ベースが多め。

焼肉の発祥の地は韓国。

 

ステーキは洋食。

厚切りで大きな肉一枚を

焼いてから提供し、

ナイフとフォークを使い食べる料理。

ステーキはソースと表現。

ソースは赤ワインを使用し、

バター、ケチャップ、ウスターソースがよく使われる。

ステーキの発祥の地は韓国。

 

焼肉とステーキの違いは普段の生活では、

あまり意識しませんが、

何となく気になった、

人もいるのではないでしょうか?

 

実は似ているようで、

違いがある料理でした。

 

是非とも参考にして、

頂けたらと思います。

 

 

本日は以上となります。

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。

 


カテゴリ:その他 

ページの先頭へ