ゴーダチーズとエダムチーズの決定的な違いは?分かりやすく解説

目安時間:約 8分

 

オランダのチーズとして有名なのが、

ゴーダチーズとエダムチーズがあります。

 

 

そして、

この2つチーズは、

オランダのチーズ生産量の

約8~9割を占めています。

 

どうやらオランダでは、

かなり有名なチーズとして、

国民に愛されています。

 

ですが、

意外とゴーダチーズとエダムチーズの、

違いについて分からない人がいます。

 

おそらくこのページを見ている人は、

ゴーダチーズとエダムチーズの、

違いについて知りたいのではないでしょうか。

 

 

そこで今回は、、

ゴーダチーズとエダムチーズの、

決定的な違いについて解説します。

 

これを読めばあなたは、

ゴーダチーズとエダムチーズの違いについて、

理解できるようになりますので、

是非とも参考にして下さい。

 

 


ゴーダチーズとエダムチーズの決定的な違いは?

 

 

ここでは違いを解説します。

 

 

 

48%の脂肪分。

現在の定格は3.57 / 5。

 

 

 

 

エダムよりも8%多い、脂肪を持っていますが、

大変美味しいと絶賛です。

 

このチーズは砕け、細かく砕け、溶けやすく、

トッピング、ソース、スープに最適です。

 

・エダム

 

40%の脂肪分。

現在の定格は3.55 / 5。

 

 

 

 

 

そしてこのチーズで嬉しいと感じるポイントは、

何と言っても低カロリーなチーズです。

 

何故かと言うと、

エダムチーズは原料の一部に、

脱脂粉乳を使用しています。

 

ですので、

一般的なチーズの脂肪分なのに対し、

エダムは30%~40%と低カロリーです。

 

このチーズはスライス可能で、

サンドイッチや、

スナックチーズに最適です。

 

そしてソース、スープ、

ルラードにも適しています

 

 

簡単にまとめると

ゴーダチーズ

48%の脂肪分で、

クリーミーでバターのような味が特徴です。

 

このチーズは砕け、細かく砕け、溶けやすく、

トッピング、ソース、スープに最適です。

 

 

エダムチーズ

40%の脂肪分低カロリーで、

酸味とバター風味が特徴です。

 

サンドイッチや、

スナックチーズに最適です。

 

 

 


ゴーダチーズとエダムチーズについて知ってお得な予備知識

 

このページでは、

ゴーダチーズとエダムチーズにについて、

もう少し解説したいと思います。

 

 

ゴーダチーズの歴史と特徴

 

オランダを代表するチーズで、

オランダのチーズの生産量の過半数を占めます。

実は日本でもこのチーズは使われています。

 

このゴーダチーズはオランダの、

ロッテルダム近郊ゴーダ村で、

13世紀頃から作られているチーズとなり、

歴史がかなりあります。

 

 

マイルドな味わいで、

日本人の嗜好にもっとも、

あったチーズとも言われ、

親しまれております。

 

メイン料理のトッピングやソース、スープや、

幅広い料理に利用できます。

 

クリーミーでさっぱりした味で、

熟成が進むにつれて、

旨みが増し、コクがでます。

プロセスチーズの原料となっています。

 

 

 

エダムチーズ歴史と特徴

 

オランダの有名なチーズで、

ゴーダの次に生産量が多いと言われています。

全体の20%を占めているチーズです。

 

このエダムチーズはオランダ北部のエダムという、

街で生産されているチーズです。

 

 

輸入用には赤いワックスがコーティングされ、

赤玉チーズと呼ばれると言われています。

 

 

中身は薄黄色で引き締まっていますので、

マイルドな味わいに加え、

後味には酸味がするのが特徴です。

 

粉チーズとしての、

需要も高いチーズとして人気があります。

脂肪分が低めですので、

ダイエットしている人にはお勧めのチーズです。

 

 

まとめ

 

今回はゴーダチーズとエダムチーズの、

違いについて解説しました。

参考になれば幸いです。

 

ここからはまとめです。

記事の結論は以下の通りです。

 

 

ゴーダチーズ

48%の脂肪分で、

クリーミーでバターのような味が特徴です。

 

このチーズは砕け、細かく砕け、溶けやすく、

トッピング、ソース、スープに最適です。

 

 

エダムチーズ

40%の脂肪分低カロリーで、

酸味とバター風味が特徴です。

 

サンドイッチや、

スナックチーズに最適です。

 

本日は以上となりますが、

参考になれば幸いです。

 

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。


カテゴリ:グルメ 

ページの先頭へ