妊娠中!チョコレートが食べたいけど大丈夫?おすすめはあるの?食べ過ぎを防ぐ簡単な方法や辞められない理由も解説!沢山食べたいくなるあなたに必見!

目安時間:約 12分

妊娠中でもチョコレートが食べたい!
何かおすすめのチョコはあるのかな?

 

チョコ好きな人なら、

そんなことを考えてしまいますよね。

 

少なくてもこの記事を見ている、
あなたならチョコ好きは間違えないでしょう。

 

 

妊娠中でもチョコは食べても平気なのか?
結論を言うと大丈夫です。

 

そして気になる、

チョコーレートのおすすめ情報はもちろん。

食べ過ぎを防ぐ簡単な方法や、

辞められない理由も解説します。

 

 

 


妊娠中チョコレートが止まりません!食べたいけど大丈夫?ポイントさえ守ればOK!

 

妊娠中チョコレートを食べたいけど、

大丈夫?

結論は食べ過ぎなければ問題ありません。

 

 

私の妻も妊娠の経験がありましたが、

チョコを食べても異常もありません。

 

 

そもそも甘いものがダメなんて、

医学的にも証明されておりません。

 

我慢するとストレスになりますし、

逆効果ですね。

 

妊娠中のストレスは赤ちゃんにも良くないので、

適度に食べちゃいましょう。

 

ポイントは適度な量ですね。

 

 

ですので、

食べ過ぎには注意しましょう!

これはチョコだけではありませんが。

 

 

妊娠中チョコレートが止まらない!おすすめはあるの?嫁さんが妊娠中に食べていたお宝チョコを紹介

 

妊娠中チョコレートが止まらないあなたへ!

おすすめのチョコレートをご紹介します。

 

これは実際に自分の妻が妊娠中に食べていまして、

評価が高く好評でしたね。

 

そんなわけで、

今回は2種類ご紹介します!

 

 

・シールド乳酸菌ベイクドチョコレート

 

嫁が妊娠中にシールド乳酸菌ベイクドチョコレートを、

よく食べていました。

 

特にこのシールド乳酸菌チョコレートが、

お気に入りでした。

 

お勧めポイントはチャック付きのパッケージですので、

食べたい時に少しずつ、

食べられるのが良いと言っていました。

 

カロリーもコントロールできるのが、

メリットです。

 

何よりも味も美味しいです。

僕も実際に食べましたが、

激うまです!

 

 

しかも乳酸菌入りなので、

罪悪感をあまり感じることもなく、

チョコを楽しむことができました。

 

お求めは以下の↓ページにアクセスすればご購入できます。

 

 

 

 

 

・砂糖不使用ミルクチョコレート 300g

 

妊娠中の嫁がに最初に食べていたチョコです。

味は若干甘さが控えめで後味がスッキリする感じです。

 

 

砂糖不使用ですし、罪悪感も消えたと言っていました。

僕も食べましたがこれは美味しいです。

一粒5g約25kcalです。

 

ダイエット中の方にもお勧めな商品です。

 

 

お求めは以下の↓ページにアクセスすればご購入できます。

 

 

 

 

以上ですが、

2種類をご紹介させていただきました。

 

妊娠中!チョコレートの食べ過ぎを防ぐ簡単な方法を解説!

 

妊娠中にチョコレートの食べ過ぎを防ぐ、

簡単な方法を解説します。

結論は以下の通りです。

 

 

・スイーツに関する情報を回覧しない。

・食べる回数を決める

・チョコを買わない

・何かに集中する

・カロリー0のゼリーを食べて満足させる

 

5種類の対処方法があります。

ここから詳しく解説しますね。

 

 

・スイーツに関する情報を回覧しない。

 

基本的なことですが、
甘い誘惑に負けたら試合終了でデブ確定です。

 

でも、
人間は弱い生き物です。

 

今の時代はテレビはもちろん。
ネットでも甘い誘惑に誘われます。

 

ですので、
食べ物系の情報は遮断しましょう。

 

 

・食べる回数を決める

 

そして食べ過ぎは肥満の原因にもなるので、
食べる量を決めたり、

一口サイズのチョコを選ぶと良いでしょう。

 

この方法なら、

我慢する必要もありませんし、

食べ過ぎ防止もできます。

 

・チョコを買わない

 

そして手っ取り早いのが、
チョコを買わないことです。

チョコレートがなければ食べることが、
できません。

 

自分もこの方法を使い、
体重を落としました。

節約もできて良かったです。

 

 

・何かに集中する

 

何かに集中することも大切です。

暇だと余計なことを考えたり、
ついつい無駄食いをしてしまう可能性が高くなります。

 

自分場合や副業やランニングをしていたので、
あまり食べ物のことは考えている暇はありませんでした。

 

もちろん食べる時もありますが、
回数や量を決めていました。

 

それ以外の間食はしませんし、
暇な時間は何かしていましたね。

 

そして早めに寝ることもしていました。

 

 

・カロリー0のゼリーを食べて満足させる

 

どうしても甘い物が、
食べたければ0カロリーのゼリーをお勧めします。

 

カロリーはありませんが、
甘さはありますので、

甘い物を食べた実感は感じられます。

 

でも、食べ過ぎなければチョコでも、
大丈夫です。

 

ダイエット中や何となく罪悪を感じたり、
チョコを食べたにも関わらず甘い物が、
食べたい方はこの方法を使いましょう。

 

 

 


妊娠中!チョコレート辞められない理由も解説!沢山食べたくなる!そんなあなたへ!

 

チョコが辞められない理由としては、
以下の通りです。

 

 

・砂糖
・カフェイン
・セロトニン不足

 

 

それでは解説していきます。

 

砂糖

 

砂糖は脳に快楽を感じさせ、
砂糖自体に中毒性もあります。

 

ですので、
一度食べるとクセになるのが、
砂糖の特徴です。

 

カフェイン

 

特に疲れているときにカフェインを摂取すると、
リラックス効果が出て、
余計に体が欲するようになります。

 

結果的にカフェインも中毒性が高いので、
「カフェイン中毒」という言葉まであります。

 

セロトニン不足

 

あまり聞かない言葉ですが、
チョコレートを食べると、
セロトニン不足を引き起こす可能性があります。

 

このセロトニンはどんなものかと言いますと、
チョコを食べると体の中で分泌されるホルモンです。

 

充実感や幸せだと感じる時に体内で、
分泌されるホルモンのことです。

 

しかしながら、
このセロトニンは長続きしません。

 

このセロトニンが不足すると、
やる気がなくなり、
イライラしやすくなります。

 

そんな状態になると、
またチョコレートを食べたくなります。

 

チョコレートを食べることで、
セロトニンが分泌されますが、
長くは継続できません。

 

そしてセロトニンも不足になり、
余計にイライラしやすくなります。

 

さらに言うと、

以下のような悪循環を繰り返します!

 

→チョコを食べると幸福を感じる。
→セロトニン不足でイライラ。
→またチョコレートが食べたくなる。

→繰り返す

 

まとめ

 

妊娠中でもチョコレートが、

食べたくなるのは普通のことです。

 

 

本記事ではおすすめチョコレートや、

食べ過ぎを防ぐ簡単な方法、

辞められない理由も解説しました。

 

妊娠中でもチョコレートは食べれますが、

やはり食べ過ぎはよくありません。

 

食べ過ぎの方は場合は、

今回の記事を参考にして頂けたらと思います。

 

 

 


うさぎのお部屋

カテゴリ:子育て 

ページの先頭へ