メンチカツの中身はハンバーグ?違いはあるの?これさえ読めば解説

目安時間:約 7分

 

みんな大好きで国民から愛されている、

メンチカツとハンバーグですが、

その違いについて

疑問を持ったことがありませんか?

 

 

またメンチは揚げて作りますが、

メンチカツの中身はハンバーグなのか?

 

そんな疑問に答えたく、

この記事を書いてみました。

 

 

今回はメンチカツとハンバーグの違いについて、

解説します。

 

さらに調理の手間の違いも明らかになっており、

いがいな結果となりました。

 

このあたりもまとめましたので、

お楽しみに!

 

 

これさえ読めばあなたが疑問に感じていることは、

全て解決しますので是非とも参考にして下さい。

それでは行きましょう!

 

 

 


メンチカツとハンバーグの違いは?中身は同じなの?

メンチカツとハンバーグの大きな違いは、

メンチカツは衣を着けてフライで揚げますが、

ハンバーグはフライパンで焼きます。

しかしメンチカツの中身はハンバーグと、

同じ挽肉となります。

 

 

 

ただし肉質はハンバーグの方が、

通常良いものを使うと言います。

 

 

挽肉料理の仕上げ方の違いはありますが、

割合と調味料が少し違うだけで、

中身の中心材料は同じです。

 

 

肉はどちらも挽肉を使います。

メンチの場合はキャベツや、

玉ねぎの割合が多いと言われています。

 

 

そして甘味を多くします。

 

 

ハンバーグの場合は玉ねぎの割合が少ないと言われています。

甘味よりもシナモンなどの香辛料を入れることが多いです。

ソースもメンチとハンバーグでは違いがありますね。

 

 

メンチカツフライがあるがハンバーグフライはあるの?

 

メンチカツフライがあるがハンバーグフライはあるの?

こんな疑問が出てくると思いますが結論を言うと、

ハンバーグフライと言う料理はありません。

 

 

理由はハンバーグは挽肉を使って、

出来上がった料理名となります。

一旦出来た料理をフライにして出す場合はありますが、

この場合料理名とは言いません。

 

 

 

基本的に出来上がっていない料理を

揚げてフライにした場合は料理名となりますが、

出来上がった料理をフライにしても、

料理名とはならないでしょう。

 

 

例を上げると、

とんかつも出来上がっていない生の状態で、

衣と一緒にあげるのでメンチカツも同様です。

 

 


メンチカツとハンバーグの手間と値段の違いは?予想外な結果に!

 

メンチカツとハンバーグの、

手間の違いについても解説します。

 

 

メンチはひき肉をコネて味付けし、
見た目を気にせず野菜のみじん切りと、

コネたひき肉を合わせ形成したら衣をつけ揚げます。

 

 

ハンバーグは下味や、

ふっくら感をだす為にパン粉をつけ置きしたりする時間や

火加減も気を使います。

 

 

肉をコネる時の温度、

玉ねぎ、野菜のみじん切りを炒める方もいます。

 

 

ですので、メンチカツに比べたら、

ハンバーグのほうが手間はかかります。

 

 

一方メンチカツは一定の温度で、

ただ揚げるだけです。

 

 

ちなみに店でだすとなると、

材料もハンバーグのほうが高い肉を使うお店が多く、

材料費もかかります。

 

 

そして人件費では職人ワザが必要です。

且つ焼き方に時間がかかる、

ハンバーグのほうが手間がかかる為、

メンチカツよりも値段が高くなります。

よくメンチカツのほうが、

揚げる為、手間がかかると言われますが、

結果的にハンバーグのほうが、

手間がかかる結果となりました。

 

 

まとめ

 

今回はメンチカツの中身はハンバーグ?違いについて、

記事を書きました。参考になれば幸いです。

ここからはまとめです。

 

メンチカツとハンバーグの大きな違いは、

調理法、具材の割合やソース、調味料の違いです。

 

 

基本的に中身の具材は変わりませんが、

ハンバーグのほうが高めの肉を使います。

 

 

料理の手間もハンバーグのほうが、

手間がかかると言われています。

 

 

この記事を読むことで、

メンチカツとハンバーグの大きな違いにつて、

ご理解できたかと思います。

 

 

本日は以上となります。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


カテゴリ:その他 

ページの先頭へ